かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

沖縄旅行のお役立ち情報

もしも私が家族で二泊三日の沖縄旅行に行くならここ!おすすめプラン

北谷の海

沖縄旅行を計画している友人に「どこに泊まるかも行き先も決めてないんだけどおすすめってある?」とよく聞かれます。

沖縄は良いところがたくさんあるけれど、もしも私が家族で沖縄旅行に二泊三日で行くならどんなふうに周るかな・・・?と自分が行くことをリアルに想像してかなり真面目に考えたプランについてご紹介します!

ちなみに東京から沖縄へ幼児連れの家族旅行を想定したプランですよ〜。

かっしー
かっしー
二泊三日の沖縄旅行に何を詰め込むかすごく迷いましたが、このプランで紹介した場所はハズレなしだと思います!参考にしてもらえたら嬉しいです。

沖縄旅行1泊目

フライト時間は午前がマスト

まずフライト時間は朝早めで。

東京発ならスカイマークの8時15分羽田空港発→11時20分那覇空港着のチケットがおすすめです。

空港の近くに住んでいる人や大人だけの旅行なら、頑張って6時台のフライトで沖縄に行くのもありですが。

子ども連れなら無理せずちょっと頑張るくらいにしておきましょう。

さもないと後々子どもの機嫌が最悪なことに・・・w

那覇空港への飛行機

那覇空港に着いたら

那覇空港に着いたらとりあえずレンタカーをゲットします。

そして那覇周辺でランチタイム。那覇にはおいしいご飯屋さんやカフェがたくさんあるので選り取り見取りです!

私のおすすめは沖縄そばやゆし豆腐が食べられる琉球茶房 すーる。

出汁の効いたスープと甘辛いラフテーは化学調味料不使用。薄味じゃないけど優しい感じがします。
店構えが沖縄らしく、店員さんも親切でとっても良い雰囲気のお店です!

琉球茶房 すーる店舗情報

沖縄県那覇市久茂地3-25-7
TEL/098-861-5155
OPEN/11時30分〜17時
CLOSE/日曜日

宿泊先へ

昼前に那覇空港に着いても、レンタカーを借りる手続きをしてお昼ご飯を食べたりしていると14時ごろになっているかと思われます。

なので宿泊先へ移動してしまいましょう。

私は自由度の高いコンドミニアムに宿泊するのがおすすめです。

二泊三日ならホテルのプールでのんびりするより外に遊びに行きたいし、子連れならホテルのレストランより好きなレストランに食べに行った方が気楽なので。

しかもコンドミニアムはコンパクトだから大きなホテル内を移動するより楽ちんだし、レンジとキッチンがある・価格も安いと良いことづくめです!

北谷町砂辺オーシャンフロント

泊まって良かったコンドミニアム

沖縄県中部にある北谷町の中でも外国のようなエリア、宮城海岸沿いにある沖縄オーシャンフロント。

那覇と北部の中間なので移動に便利な場所です。

受付のあるアネックス、オーシャンフロント1、オーシャンフロント2の3つ建物があって、オーシャンフロント2はエレベーターが無いので注意です。

私たちはオーシャンフロント1の2階にある1LDKの洋室に泊まりました。
1月に親子4人素泊まりで一泊15,000円!

広いキッチン、リビングにはダイニングテーブルとソファ。お風呂は浴槽付きで家のよりずっと広かったですw

寝室にはダブルベッドが1台。隣にエキストラベットを置いてもらって、家族4人で並んで寝ました。

車で数分のところに大きなスーパー、近所にはたくさんレストランやカフェがあるので食事には困りませんよ!

沖縄オーシャンフロント
沖縄県中頭郡北谷町宮城1-250
電話番号/0120-188-208

サンセットディナー

北谷のサンセット

沖縄オーシャンフロントのある宮城海岸沿いはとっても綺麗なサンセットが見れます。

せっかくなのでオーシャンビューのレストランで夜ご飯を。

どこもテラスや眺めの良い席は人気なので、事前に予約をしてから行きましょう。

北谷のコンドミニアム、沖縄オーシャンフロントに宿泊するならトランジットカフェでのディナーがおすすめ。

トランジットカフェの店内
かっしー
かっしー
夜ご飯を食べたら2日目に備えて早めの就寝を〜!

沖縄旅行2泊目

カフェでモーニング

コンドミニアム周辺のおしゃれなカフェでモーニングを食べます。

朝7時にはオープンしているところがあるので目指せ7時で!!

GOOD DAY COFFEE
アボカドがたっぷり乗ったプレートが人気のカフェ。

沖縄県中頭郡北谷町浜川178-1
TEL/090-4470-1173
OPEN/6時〜15時
CLOSE/月曜日

コーヒーカーサ
王道モーニングが食べられます。

沖縄県中頭郡北谷町字宮城3-51
TEL/098-936-8141
OPEN/7時〜19時
CLOSE/毎月第4火曜日

沖縄北部へ行く

北谷から車で約1時間30分で行ける瀬底島へ行って、瀬底ビーチの青い海で泳いだりシュノーケルを楽しんで!

シュノーケリングをする人は安全に楽しむためにもぜひ注意点を読んでからやって下さいね。

森の中でランチ

ランチはビーチにあるパーラーも良いけれど、緑に囲まれた庭が素敵なfuu cafeがおすすめです!

海ぶどうとアグーの丼仕立てがおいしいですよ。

瀬底島ランチ

fuu cafe
沖縄県国頭郡本部町瀬底557
TEL/0980-47-4885
OPEN/11時〜17時くらい
CLOSE/水曜日・木曜日

体験アクティビティはもとぶ元気村で

瀬底島から車で約10分のところにある体験施設、もとぶ元気村へ。

コーラルビュークルージングで魚を見たり、イルカタッチをしたり、紅型体験などなど…

子どもの年齢や興味のあることに合わせて様々な楽しみ方ができますよ!詳しくはもとぶ元気村の体験記で→ 沖縄の自然の中で60種の体験ができる!親子で楽しいもとぶ元気村

コンドミニアムへ帰る

もとぶ元気村で遊び終わった頃には夕方のはず。

子どもも疲れている頃なので、スーパーで夜ご飯を買ってコンドミニアムで食べます。

沖縄らしくタコライスとかA&Wのハンバーガーとかを買うのも良いかも!→ 沖縄県民に愛されるアメリカンなファストフードA&Wはレベル高!

ちなみに沖縄のほっともっとは、チャンプルー弁当とか沖縄メニューがあります。

スーパーやコンビニでも、チャンプルーやスパムおにぎりなど沖縄らしいお惣菜がたくさんありますよ。

かっしー
かっしー
無限の体力があるファミリーはぜひレストランへ。

沖縄旅行の最終日は

アメリカンビレッジでモーニング

揚げポークたまごおにぎりともずくスープ

最終日はアメリカンビレッジのシーサイドにあるお店で海を見ながらモーニングを。

・ポークたまごおにぎり本店
北谷店| OPEN/7時〜
沖縄の定番メニュー、スパムむすびのお店。空港店より空いています。
朝7時に空いているのも嬉しいですね〜
ポークたまごおにぎり!沖縄に来たらコレでしょ!

・カリフキッチン オキナワ
OPEN/8時〜
かっしーおすすめのリゾートカフェ
海が見えるリゾートカフェでモーニング!カリフキッチンオキナワ

・CLIMAX COFFEE(クライマックスコーヒー)
OPEN/8時30分〜
パンもパスタもご飯ものもある万能なお店です。

・VONGO&ANCHOR(ボンゴ アンド アンカー)
OPEN/9時〜
アメリカンビレッジ1のおしゃれカフェ。ボリュームたっぷりのサンドイッチが食べられます。
北谷のアメリカンビレッジで1番おしゃれなカフェ!ボンゴアンドアンカー(VONGO&ANCHOR)

・R cafe(アールカフェ)
OPEN/土日のみ9時〜
フレンチトーストが人気のカフェ。週末は外国人が多く海外のような雰囲気。

Rカフェのフレンチトースト

・Seasidecafe Hanon(シーサイドカフェハノン)
OPEN 土日祝日のみ9時〜
ふわふわのパンケーキ専門店。甘いのだけじゃなくてご飯になるパンケーキメニューもあり。

ラストは港川外国人住宅街でお土産探し

平家の可愛い建物を利用してつくられたおしゃれショップの集まる港川外国人住宅街で、空港へ行く前にお土産探しを。

オハコルテは可愛い焼き菓子がたくさんあります。イートインで食べることもできますよ。

オハコルテ ohacorte水果塔の駐車場

オハコルテ[oHacorté]は那覇と浦添にある沖縄で人気のタルト専門店

こちらはセラーズコーヒービーンズストアのコーヒー豆。パッケージが可愛いからお土産にぴったりです。

沖縄旅行のお土産にちょうど良いコーヒー豆

沖縄セラードコーヒーBeansStore(ビーンズストア)で直焙煎珈琲を

お土産探しが終わったら沖縄そば いしぐふーでランチタイム。

あっさりしているけれど旨味がたっぷりなスープがおいしい鶏そば屋さんです。野菜も山盛り食べられて最高ですよ〜!

詳しくはこちら→浦添の港川外人住宅街にある絶品沖縄そば屋、いしぐふー

いしぐふーの特選鶏そば

那覇空港へ

お土産を買ってランチを食べたら15時30分頃のフライトで帰ります。

フライトの1時間前には空港に着くように遅くても13時20分までには港川外国人住宅街を出発。

レンタカーにガソリンを入れたら店舗へ返却し、空港へのシャトルバスに乗りましょう。

かっしー
かっしー
フライトに遅れないように気を付けて下さいね〜

以上、沖縄トラベルのかっしーが考えた二泊三日の旅行プランでした!

次は三泊四日のゆっくり北部コースでも考えてみようかな。

ABOUT ME
かっしー
かっしー
海なし埼玉で生まれ育ち2019年4月に沖縄移住。好きなものは海とビール。趣味はカフェ巡り・家の間取り図を見ること。
関連記事はこちら