かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

未分類

沖縄での結婚式の費用を抑えるコツ・お得なキャンペーン・無料サポート

沖縄のリゾートウディング

憧れのリゾートウェディング。

青い海と白いチャペルってすごく素敵だけど、高額な費用がかかるイメージではありませんか?

最近は家族やごく近しい友人だけを招待した小さな結婚式を選択する人も多く、その場合はぐぐっと予算を抑えることもできるんです。

沖縄でのリゾートウェディングを検討している人に便利なウェブサイトやお得情報を紹介します。

リゾートウェディングは高い?

あざまサンサンビーチの透明度

ウェディング雑誌などを読んでみると、リゾートウェディングの費用の相場は「100万円〜200万円は必要」との意見が多く見られます。

しかし、実際はどんな式にするかによって大きく費用は変わります。

場所やゲストの人数、旅費の負担の有無などにもよるので一概に「○万円あれば大丈夫」とは言えません。

沖縄での挙式費用の相場は、マイナビウェディングの「先輩カップルの費用実績」と言う目安によると、1番安いホテルだと20人で20万円〜60万円。

1番高いホテルは20人で120万円〜150万円となっていました。

東京の場合、格安のプランから超高額なプランまで数多く取り揃えられていますが、60人で200万円前後の価格帯が多い印象。

挙式費用については首都圏に比べると比較的安いので、新婚旅行を兼ねた挙式ならば高額ではないのかもしれません。

沖縄でのリゾート婚費用を抑えるコツ

那覇空港への飛行機

リゾートウェディングは航空券やホテルの宿泊代金次第で費用を抑えることができます。

ハイシーズンである夏、年末年始や春秋の連休を外したりすればリゾートウェディングも夢ではありません。

挙式費用の面ではやはり暑さが落ち着く10月・11月は高くなります。

なので、12月〜3月、ゴールデンウィーク明けの5月辺りがねらい目ではありますが、5月下旬になると梅雨入りする可能性も。

気温や天候などについても考慮が必要です。

沖縄 南城市 天気
沖縄旅行のベストシーズンと天気は?意外と晴れてない?季節別の服装沖縄旅行に行く人が気になる沖縄の気温。月ごとの平均気温、目的別おすすめシーズンと服装を教えます。...

結婚式場探しに便利なサイト4選

パソコンやタブレット

コロナ禍の今、結婚式場のブライダルフェア大規模なイベントに行かなくても、オンラインで式場を探す手段がしっかり用意されています。

そこで式場探しに便利なサービスやウェブサイトを厳選しました。

お祝い金がもらえるマイナビウェディング

リクルートが運営するマイナビウェディングはさすが大手。

掲載されている式場の数が多く、式場の情報も分かりやすいウェブサイトになっています。

「先輩カップルの費用実績」を参考にしたり、招待客の人数やオプションを選んで費用のシュミレーションができる機能が便利。

また、キャンペーンが充実していて還元額は業界トップクラスだそう。

2020年10月現在は、式場を制約したら4万円のお祝い金をもらえるキャンペーンをやっています。

サロン相談者限定、直前お得プランなど様々な割引プランや特典もあり。

無料でオンライン相談ができるハナユメ

ハナユメ3級ブライダルコーディネート技能検定の有資格者が無料で相談に乗ってくれます。

店舗に直接行くこともできますが、オンライン・LINE・電話での相談も可能。

まだ具体的なことを考えていない人、ざっくりとしたイメージや希望しかない人もプロがしっかりサポートをしてくれるので安心です。

気軽なウェディングSNS プラコレ

ちょっとユニークなシステムのプラコレウェディング

ウェディング診断で自分の希望を選択していくと、ウェディングコーディネーター達からプランの提案をしてもらえます。

気になるプランがあったらチャットで質問したり、見学の予約や見積もりの依頼もできます。

ウェディング情報がたくさん詰まったアプリも用意されていて、手軽にブライダル情報を収集することも可能。

手間もお金もかからない 小さな結婚式

小規模な挙式をしたい人・式の準備をする時間がない人・費用を最大限に抑えたい人におすすめしたいのが小さな結婚式

式場の選択肢は多くありませんが、平日なら98000円(税抜)で挙式ができます。

挙式・司祭者・音響照明・衣装レンタル・小物一式・着付け・新婦ヘアメイク・写真撮影(1カット)・結婚誓約書と内容は必要最低限。

ヘアメイクのリハーサルや新郎のヘアメイク、会食などオプションも豊富に用意されています。

準備に手間をかけずシンプルに式を挙げてあとは沖縄旅行を楽しむ、と新婚旅行に重点を置くのもいいですね。

自由度の高まる結婚式

自由な挙式

20年くらい前まではたくさんの招待客を呼び、挙式・披露宴・二次会は必須でした。

けれど年々結婚式の自由度は高まっていて、「式よりも新婚旅行や新居にお金をかけたい」「本当に親しい人達にだけ祝ってもらいらい」という人も増えていますね。

ウェディング業界もそんなニーズに対応し、様々なプランを用意してくれるようになりました。

最近は式を挙げないフォトウェディング派の人もいるようです。

沖縄トラベルのカメラマンKOBOは東京でブライダル撮影をしていた経験があるので、次の記事ではフォトウェディングについても詳しく解説していきます。

ABOUT ME
かっしー
かっしー
海なし埼玉で生まれ育ち2019年4月に沖縄移住。好きなものは海とビール。趣味はカフェ巡り・家の間取り図を見ること。