沖縄のホテル

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの絶景プールで贅沢なホテルステイを楽しむ

沖縄で温泉に入れるホテル、レクー

2020年3月、沖縄の人気観光スポットのアメリカンビレッジにレクー沖縄北谷スパ&リゾートがオープンしました。

インテリアがおしゃれでオーシャンビューなのに、リーズナブルに宿泊できます。

沖縄本島の中部エリアにあり南部や北部へのアクセスも良いので、観光拠点にもぴったり!

そんなレクーの魅力やおすすめの過ごし方を写真たっぷりで紹介します。

レクー沖縄北谷の5つのおすすめポイント

アメリカンビレッジ内にできたレクー沖縄北谷

アメリカンビレッジに新しくできたエリア「デポセントラルビル」の隣にあるレクー。

立地の便利さだけでなく女性に嬉しい設備やポイントがたくさんあります。

沖縄を感じるフォトジェニックなインテリア

アール・デコ朝のロビー

カラフルな外観から一変、ロビーに1歩足を踏み入れるとシックな空間が広がっています。

レクーのインテリアは沖縄モダンとアール・デコの融合がコンセプト。

アール・デコとは、1910年代半ばから1930年代にかけてヨーロッパやニューヨークを中心に流行・発展した装飾です。

かっしー
かっしー
すっごく素敵な内装!
琉球赤瓦と石灰岩の壁

ロビーには琉球赤瓦、壁は琉球石灰岩でつくられていて、欧風のインテリアにさりげなく沖縄が潜んでいます。

ハイセンスなやちむん

奥には沖縄の伝統工芸品のやちむん(焼き物)が並ぶギャラリースペースも。

レクー沖縄北谷で買えるお土産

フロント前では琉球柄の手ぬぐいやバンダナ、天然石を使ったアクセサリーなどのお土産も販売しています。

海の見える絶景プール

南国らしい植物とプール

早くもSNSで話題のインフィニティプール。

南国の植物に囲まれた道の先には…

インフィニティプール

絶景のプールが!

8階から見える景色は、海・水平線と空が繋がって一面ブルーに。

かっしー
かっしー
癒される…!

フォトジェニック過ぎてどこを撮っても画になります。

北谷の海が見えるデッキチェア
異国のようなアメリカンビレッジと美しい北谷の海。

日常のあらゆることを忘れられるラグジュアリーで非日常な空間です。

水中の椅子に座って、ジャグジーで極上の癒しタイム。

プールの中のバー

ここは水中バー。プールに入りながらカクテルを楽しめます。

プールに入ることができない人も、内側の席に座れば濡れずに同じ景色を見ることができますよ。

ガゼボは時間制

ひとり占めしたくなる素敵なガゼボ(西洋風のあずまや)は1時間1000円で利用できます。

プールは夜はライトアップされて都会的な雰囲気に、昼はリゾート感たっぷりと時間ごとに違った雰囲気を楽しめます。

リゾート感たっぷりのカフェ&バー

プールサイドのカフェ&バー

プールサイドには水着のまま入れるカフェバーがあります。

ちょっぴり大人向けのリゾートテイストです。

レクーのノンアルコールカクテル

こちらはお酒が苦手な女子も嬉しいノンアルコールカクテル。

1番人気の島フルーツスパークリングはマンゴーがゴロゴロ入っていて夏にぴったり。

目にも楽しいソルティーブルースパークリングは、ライムと塩が効いてて暑さで疲れた体に染みます。

アルコールはオリオンビール・泡盛・ワイン・ウィスキーがありますが、せっかく沖縄なので、LEQUコーヒー泡盛に挑戦を!

かっしー
かっしー
沖縄県民の間では「泡盛にコーヒーを入れると酔わない」と言われているんですよ。
水着で入れるカフェ&バー

ラフテーや島らっきょうなどの沖縄ならではのおつまみもあります。

スパムむすびやラップサンドはランチボックスに入っているので、プールサイドでのんびりランチもあり。

沖縄では貴重な天然温泉

天然の北谷温泉

古代ローマの公衆浴場思わせる大浴場では、地下1400mから汲み上げた天然の北谷温泉に入れます。

弱アルカリ性で冷え性・腰痛症・神経痛・疲労回復などに効果があり。

日々の疲れを癒してくれます。

女湯はミストサウナ、男湯はドライサウナ付き。

清潔な脱衣所

ラグジュアリーな脱衣所には女優鏡のような洗面台。

大浴場のドライヤー

そして、ドライヤーはちょっと嬉しいダイソンです。

かっしー
かっしー
ちょっとしたことだけど家にはないものが使えるってワクワクしますよね。

女性に嬉しい設備の優雅な客室

優しい水色のインテリア

レクーの客室は、水色とグレーがベースの優しい色調のインテリアです。

シックでラグジュアリーだけど居心地が良いのが不思議。

デイベットがある

憧れのジュニアスイートは広くて海も見えます。

窓際にあるのは、ごろんと一休みするのにぴったりなデイベット。

かっしー
かっしー
こんなおしゃれな部屋でゴロゴロできるなんて贅沢。
海をイメージしたインテリア

ウォークインクローゼットは服をたくさん掛けられるし、大きなスーツケースもそのまま入ります。

チェストにも収納がたくさんあるので、何かと荷物が多くなりがちな女子にはありがたい。

テーブルとは別にバックを置くための台もあります。

優雅なお風呂

そしてゴージャスなお風呂。

自宅では味わえない優雅なバスタイムが実現します。

ジュニアスイートルームの洗面台

広々した洗面台には大きな鏡。

2人でも余裕で使える広さなので、お出かけ前の忙しい時間にも鏡の取り合いになりません。

かっしー
かっしー
ホテル館内にはコインランドリーがあるので長期滞在にも安心ですよ。

カスタムできる楽しい朝食

レクーの朝食ビュッフェ

レクーでは食事は朝食のみ、ホテル内レストランで食べることができます。

「わくわくリゾートキッチン」がコンセプトのビュッフェ形式です。

様々な食材を使って自分だけのオリジナルの朝食をつくれます。

いち押しは、オリジナルのスフレバンズでつくるハンバーガー。

自慢のスフレパンケーキ

あぐー豚を使用したハンバーグやローストポークを挟むのも良いけれど、ソフトクリームやフルーツを挟んでスイーツバーガーにするのもおすすめなんだとか。

おかゆ・沖縄そばは種類豊富なトッピングが用意されています。

朝からガッツリ食べたい人も、軽く食べたい人も満足なラインナップです。

わくわくリゾートキッチン料理写真提供/ベッセルホテル開発

レクーでのおすすめな過ごし方

サンセットビーチから見るアメリカンビレッジ

北谷は観光拠点に便利ですが、レクーにステイするなら1日はホテルでゆっくり過ごすのがおすすめ。

朝食を食べたら、レクーから徒歩約5分のサンセットビーチへ繰り出して朝の散歩。砂浜の上を裸足で歩いてデトックスしましょう。

レンタサイクルを借りて宮城海岸まで行ってみるのもアリですね。

かっしー
かっしー
アメリカ人が多く住むエリアで、日本とは思えない独特の空気感の町ですよ。

自転車なら約7分・徒歩だと約30分の距離です。

テラス席から海が見えるトランジットカフェやハワイアンフードのMORNING BOWS、地元外国人に人気のタイ料理レストランなどおいしいランチを食べれるお店がたくさんあります。

北谷のトランジットカフェのランチ
北谷のトランジット カフェでおいしいランチ♫女子会・デートにおすすめサンセットの名所、宮城海岸越しに海が見えるトランジットカフェ。洋食からエスニックまで多国籍な料理があって食事もお酒も楽しめるデートにおすすめなお店です。...
北谷モーニングボウルズ
北谷に新カフェ登場!モーニングボウルズで本場ハワイの味を北谷町の宮城海岸近くにサーフ感たっぷりなハワイアンカフェが誕生。自分の好きなトッピングでカスタムを楽しむアサイーボウルとポケボウルが食べられます。テイクアウトして海へゴー!...

レクーへ戻ったらプールへGO!

思う存分遊んで疲れたら部屋で休憩をして、日が沈む前にはアメリカンビレッジの海沿いのお店で夕食を。

アメリカンビレッジのサンセット

サンセットを眺めながらの食事は格別です。

かっしー
かっしー
週末はサンセットが見える席は混むので、予約をするか早めの時間からお店に行くと安心ですよ。

ラグジュアリーなのにリーズナブルなレクー沖縄北谷スパ&リゾートで、素敵に沖縄旅行を楽しんで!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの宿泊情報

▶︎楽天の宿泊プランをチェック
▶︎じゃらんで宿泊プランをチェック

▶︎こころからで最安の宿泊プランをチェック

電話番号/098-979-5433(予約専用)
098-936-2288(予約以外)
チェックイン/14時
チェックアウト/11時
駐車場/宿泊者専用無料駐車場あり
WEB/LeQu Okinawa Chatan Spa&Resort
SNS/レクー沖縄北谷スパ&リゾート公式Instagram

〈朝食料金〉
宿泊者/2000円(6才〜12才は1000円)
宿泊者以外/2500円(6才〜12才は1200円)

〈プール利用料金〉
宿泊者/2000円(6才〜12才は1000円)

アクセスマップ・所在地

沖縄県中頭郡北谷町字美浜34番地2

※那覇空港から高速道路を利用して約40分・国道58号線経由でも50分
※那覇空港発のリムジンバスで約80分

ABOUT ME
かっしー
海なし埼玉で生まれ育ち2019年4月に沖縄移住。好きなものは海とビール。趣味はカフェ巡り・家の間取り図を見ること。
関連記事はこちら