かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

沖繩カフェ

やちむん通りのカフェ「うちなー茶屋ぶくぶく」で一休み

やちむん通りのカフェ、うちなー茶屋ぶくぶく

那覇市の国際通りから歩いて10分ほどの場所にある、沖縄伝統の焼き物が集まるやちむん通り。

そのやちむん通りに、沖縄伝統のお茶「ぶくぶく茶」がいただけるカフェがあります。

やちむん通りを散歩してカフェへ

平和通り商店街を抜け、やむちん通り数百メートルを進んでいくと左手にカフェが見えてきますよ。

パッと見ではやちむんのお店に見えますがお茶屋さんです。

やちむん通りのうちなー茶屋

うちなー茶屋&ギャラリーぶくぶくでひと休み

店先では活き活きとした植物たちが出迎えてくれます。

店先にあるハスの花

鮮やかなピンクのブーゲンビリアが目を引きます。

ブーゲンビリアが咲く、うちなー茶屋

のれんをくぐって店内に入ると…

ぶくぶくの暖簾(のれん)

カフェ&ギャラリー やちむんや琉球ガラスなどの販売もあり

入り口の前はギャラリーになっています。

うちなー茶屋のやちむんギャラリー

きれいに並べられた食器たち。

やちむんの湯呑み

定番なデザインのやちむんから、ちょっと風変わりなものも。

ギャラリースペース

琉球ガラスのグラスもステキですね〜

琉球ガラスのコップ

ギャラリーにあるものは購入することもできますよ!

好きなやちむんでコーヒーをいただく

コーヒーを注文すると、たくさんの器の中から好きなものを選ぶことができます。

食器棚の1番上の段はやちむん通りのお店のもの、真ん中の段は読谷村のやちむんの里からやってきたもの、1番下の段は県内各地の作家さんが作ったというものです。

たくさんあって迷ってしまいますね〜。

コーヒーの器たち

迷いに迷って、きれいなグリーンのマグカップをチョイスしてみました。
珈琲が来るまでワクワク♪

グリーンのコーヒーマグ

席で待っていると5分ほどでコーヒーがきました。
ちょっと洋風なデザインのやちむんが可愛い!

うちなー茶屋のコーヒー

オーガニックの豆を使用しているという珈琲は、しっかり濃いめの味で美味しかったです。

コーヒー用のお砂糖は沖縄の黒砂糖で、ちんすこうが添えてあるのも嬉しい。
 

カフェで綺麗な写真を撮りたいなら〇〇の席に座ろう

カフェで綺麗な写真を撮りたい人は、できたら窓際の席に座りましょう。

自然の光だけでこんな写真を撮ることができますよ。

カフェで撮影するときは窓際がオススメ

ぶくぶく茶はどんな味?

こちらはお店の看板メニューのぶくぶく茶。香ばしいかおりがします!

ぶくぶく茶

泡は白米とさんぴん茶、硬水を使って作るんだそうです。
(硬水を使わないとうまく泡立たないそうで、サンゴ礁を含む硬水が豊かな沖縄でブクブク茶が発展したと言われています。)

お茶自体には甘さはありません。

ぶくぶく茶の味

お茶と一緒にお菓子もついてきました。

うちなー茶屋のお菓子

お茶菓子は、ちんすこう、くんぺん、ちーるんこう。

ちんすこうは定番ですが、くんぺんちーるんこうってご存知ですか?

くんぺんはピーナッツ餡の入った琉球菓子、ちーるんこうは沖縄のカステラです。

豆知識コーナー!ぶくぶく茶の飲み方♪

⑴ ぶくぶく茶を両手で持ち上げ、神様に一礼します。
⑵ 器を斜めにしないように平行に持ち、器に口をつけて泡とお茶を一緒にすすります。
⑶ 飲みにくい場合はスプーンを使ってもOK!

飲み方をご紹介はしましたが、作法は気にしないで飲んでOKとのことでした♪

器を平行に持ったまま飲むのはすごく難しいので、気兼ねなくスプーンを使いましょう!笑

ぶくぶく茶の長い歴史

1587年、京都で豊臣秀吉が主宰したお茶会がありました。

そのお茶会から、煎ったお米をお茶の代用とした「こがし」というお茶が琉球に伝わったそうで、そのお茶がぶくぶく茶の基になったそうです。

琉球王朝時代、外交やお祝いの席で飲まれていたぶくぶく茶は、漢字で書くと「福福茶」。

「幸福のお茶」とも呼ばれています。

KOBO
KOBO
こんな歴史があったなんて知りませんでした…沖縄の伝統として守っていきたいですね!

うちなー茶屋ぶくぶくのメニュー

ぶくぶく茶(お茶菓子付き) 1000円
(温かいお茶か冷たいお茶を選べます)

沖縄ぜんざい
黒糖 600円
黒糖+練乳 650円
スペシャル氷ぜんざい 750円
(バニラアイス+黒糖+きなこ)
抹茶 650円
抹茶+練乳 700円
沖縄ホットぜんざい 600円
(ホットぜんざい以外は冷たい沖縄の氷ぜんざいです)

アイスやケーキのスイーツメニュー
クレミアソフトクリーム 500円
お芋パフェ 600円
お芋パフェセット 1050円
(ドリンクがつきます)
ケーキセット 950円

ドリンクメニュー
やむちんコーヒー 500円
カフェ・オレ 600円
銀毛さんぴん茶(ホットのみ) 500円
シャンピン烏龍茶(アイスのみ) 500円
琉球ほうじ茶(ホットのみ) 600円
琉球カラキほうじ茶(ホットのみ) 650円
ゴールデン・ラテ 500円
黒人参茶(ホットのみ) 550円

銀毛さんぴん茶は、中国の福建省で採れた希少な葉茶に、上品でさわやかなジャスミンをブレンドしたもの。

琉球ほうじ茶は沖縄北部のやんばるで栽培された茶葉を高温で焙煎。香り高く、深みのある味わいです。

※メニューと価格は変更になっている場合があります。

落ち着いた店内

うちなー茶屋ぶくぶくの店内

優しい光の入るカフェスペースは落ち着いていて何とも居心地が良かったです。

レトロな椅子

少しレトロな柄の椅子もかわいい。

やちむんが飾られたカフェ 薄暗い照明が良い感じ

窓側の席からは、やちむん通りやお店の前に咲くブーゲンビリアが綺麗に見えたのでした。

ブーゲンビリアが見える席

冬でも花や緑が見られるのは、やっぱり沖縄のいいところだなぁ〜と思います。

カフェもギャラリーも撮影OK!

お店の中は撮影OKなんです!

SNS映えする1枚が撮れたらFacebookやInstagramでシェアしちゃいましょー!

カフェもギャラリーも撮影OK

やちむん通りのカフェ「うちなー茶屋&ギャラリーぶくぶく」の基本情報

沖縄県那覇市壺屋1丁目22−35
ゆいレール 牧志駅 徒歩約10分
TEL/098-943-4811
OPEN/10時~19時
WEBサイト/うちなー茶屋&ギャラリーぶくぶくの公式サイト

アクセスマップ

お店を出ると猫が出てきてくれました。
首輪がついていたのでこのお店で飼われているのかな?

ブーゲンビリアと猫

ほっこり癒されたカフェタイムなのでした♪

やちむん通りに訪れる機会があったら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

それでは〜!

ABOUT ME
KOBO
KOBO
埼玉と沖縄の2拠点居住をしているカメラマンです。海、音楽、ご飯、DIYリノベ、インテリアが大好き!実際に行って良かった沖縄のオススメスポットを紹介していきたいと思います!
関連記事はこちら