かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

沖繩カフェ

タイムレスチョコレート|カカオ果実のジュースも飲める!噂のチョコ専門店

タイムレス チョコレート/Timeless Chocolate

沖縄は北谷のアメリカンビレッジにあるチョコレート専門店、タイムレスチョコレート。

沖縄旅行のお土産にも人気で、雑誌などのメディアにも頻繁に取り上げられている噂のお店に行ってきました!

こだわりの原料と製法で作るチョコレート

ビーントゥーバー

2014年8月にオープンしたタイムレスチョコレート。

なんと沖縄初のBean to Bar(ビーン・トゥ・バー)のお店なんです!

Bean to Barとは、Bean(カカオ豆)を仕入れて焙煎・粉砕するところからBar(板チョコ)になるまでの全ての製造工程を一つの工房で行うこと。

しかもチョコレートの原料はカカオ豆と沖縄県産のサトウキビのみ

原料はシングルオリジン、単一の産地・品種にこだわっています。

カカオ豆はココナッツのような風味が特徴のガーナ、赤いベリーを思わせるジューシーなベトナム。
”フルーツ”であるカカオの種子は、ワインやコーヒーのように産地によって異なる味わいが特徴です。

TIMELESSのカカオ豆は自然本来の味わいを最大限に引き出すべく、その時の仕入れ状況にあわせて自家焙煎をしています。

※タイムレスチョコレートのメニュー表から抜粋

KOBO
KOBO
カカオってタネのイメージしかありませんでしたが、フルーツなんですね…知らなかったー!

原料だけではなく、製法にもこだわりが!!

TIMELESSのチョコレートは2つのユニークな製法で作られています。

■ WILD GRIND-粗挽き-
カカオ豆を粗挽きにすることで「滑らかな口溶け良いチョコレート」ではなく、独特な食感の「噛む事で弾けるアロマのチョコレート」に仕上げました。カカオが持つフルーツ要素を最大限に引き出す「島ザラメ」と合わせる事で、華やかな味わいを楽しむことができます。

■ STONE DRIND-石臼焼き-
島や品種、製法によって異なる味わいのサトウキビから作られる「純黒糖」をカカオの味わいに合わせ選び抜き、石臼でじっくりと時間をかけて挽くことで、奥深い味わいを引出しました。

※メニュー表から抜粋

焙煎方法や粉砕の細かさでチョコレートの味が大きく変わるそう。

コーヒーはスペシャルティコーヒーのように産地や生産者が明確な高品質のコーヒー豆があることを知っていましたが、チョコレートもBean to Barのようなこだわりの世界があることを初めて知りました。

ここまで聞くと一体どんな味のチョコレートなのか気になりますよね〜!

もちろん店内でチョコレートの試食ができます。

試食もできる

カカオ豆とサトウキビだけで作られたチョコレートは、一口食べたらその美味しさに感動。

手作りのシンプルで贅沢なチョコレートをぜひ一度味わってみてくださいね。

KOBO
KOBO
僕は島ざらめで作ったチョコがお気に入りです!

スタイリッシュでお洒落な店内

ニューヨークスタイルのインテリア

店内は黒ベースでアトリエや工房のような…とにかくお洒落!

カフェの壁(ポスター)

チョコレートを作っている工房(ファクトリー)はガラス張りになっていて、お店の中から覗き見することができますよ。

ファクトリーを見る事もできる

テラス席のテーブルや椅子にはちょっと面白いポイントが!

テラス席のテーブルと椅子

味わいのあるビンテージウッドで作られた机のガラスの下にあるものは…カカオの殻です!

ビンテージウッドのテーブル

手作業でチョコレートを作っているからこそ作られたテーブルですね。

チョコレートを使ったカフェメニュー

イートインで楽しめるカフェメニュー

イートインで注文できるドリンクメニューをご紹介しますね!

・チョコレートドリンク HOTorICE 600円
・チョコレートチャイ HOTorICE 600円
・チョコレートモカ HOTorICE 650円
・チョコレートフラッペ 700円
・カカオハスクティー HOTorICE 500円
・カカオハスクティーラテ HOTorICE 550円
・カカオ果肉100%ジュース 500円
・カカオ果肉ソーダ 600円
・カカオ果肉フラッペ 650円
・ドリップコーヒー HOTorICE 500円
・カフェラテ HOTorICE 550円
・黒糖エスプレッソトニック 650円
・プラナチャイストレートティー HOTorICE 500円
・プラナチャイラテ HOTorICE 550円

カカオを使ったスイーツもいくつかあって、ティラミスが人気です。

ガラスショーケースに入ったスイーツ

チョコレートテリーヌプレートも人気でこちらはイートインのみ。

カカオ豆、サトウキビ、県産卵、純粋バターの4つのみの材料で、小麦粉などは使われていないんだとか。
グルテンフリーダイエット中の方も美味しく頂けますね!

チョコレートドリンクを注文してみた

この日は少し肌寒い冬の日だったので、ホットのチョコレートチャイを注文しました。

ホットチョコレート

チョコレートのチャイってどんなのだろう?と思いつつ飲んでみると…マイルドで美味しい!

ほんのりチャイのスパイシーな香りとチョコレートの香りもします。

後味がほんのりチョコレートの味がしますが、そんなにチョコレート感が強いわけではありません。

カカオフレークが入ったチャイ

こちらはヴィーガンチョコレートモカ(700円)。

カリカリのカカオがたくさん乗っていて、噛んだらフルーティな風味!

濃厚だけどしつこくなくて、豆乳くささもありません。

大人のスイーツドリンクです。

チョコレートドリンクとチャイ

このドアの取手が付いた珍しいデザインのカップは、陶表現今村の今村能章さんの作品。

店内では陶表現今村の食器の販売もしています。

カカオ果実のフラッペってどんな味?

スムージー

こちらは夏に飲んだカカオ果肉フラッペ(650円)。

カカオって聞くとどうしてもチョコレートの味を想像してしまいますが、カカオの果肉ってフールーティーで甘くて美味しいんです!

カカオ果肉はどんな味か説明すると、ライチやマンゴスチンのような爽やかな味わいで、日本ではちょっと珍しいフルーツですね。

そんなカカオの果肉と自家製のドラゴンフルーツソース、バナナで作ったフラッペは爽やかな甘さで夏にピッタリ!

ぜひ機会があれば味わってみてくださいね。

沖縄旅行のお土産にもピッタリ!

沖縄旅行のお土産にも

沖縄県産のサトウキビで作られたこだわりのチョコレートは、パッケージもお洒落なのでお土産にも喜ばれること間違いなし!

試食をしてみて気に入ったものを選んでも良いですし、どれが良いのかわからない場合は親切なスタッフさんがオススメを教えてくれますよ。

チョコレートの試食

タイムレスチョコレートのオンラインショップで買うこともできるし、バレンタインには那覇のデパートリウボウや伊勢丹新宿店にも出店していたそうです。

こちらはセイロンティーとスパイスをブレンドしたプラナチャイ。

プラナチャイのパッケージ

僕これ好きなんです〜。お湯に入れて煮出すだけで本格的なチャイを飲めて、幸せな気持ちになります。笑

少しお値段は張りますが、こちらのチャイは僕も購入して飲んでいたくらいに本当にオススメです!

TIMELESSのステッカー

こちらはお店のロゴが入ったステッカー。シャレてる〜!

可愛い箱のデザイン

パッケージのデザインもめちゃめちゃ素敵!

お土産にも良いけど、やっぱり自分用に欲しくなっちゃいます。自分にご褒美ってやつにしたい。笑

TIMELESS CHOCOLATEのTシャツ

Tシャツもイケてるっ!
なんかカフェのTシャツというより、海外アーティストのバンドTシャツでありそうな感じですね。

おしゃれなTシャツ

こちらはマリア様?のキャンドル。

マリアのキャンドル

近づいてよ〜く見てみると…手に板チョコを抱えてる!一瞬なにかと思った。笑

タイムレスチョコレートの基本情報

タイムレスチョコレートの基本情報

営業時間/11時〜19時
休業日/無休
電話番号/098-923-2880
駐車場/アメリカンビレッジの無料駐車場あり
支払方法/クレジットカード可
テイクアウト可
WEB/タイムレスチョコレート公式サイト
SNS/タイムレスチョコレート公式instagram
タイムレスチョコレート公式Facebook

店舗の入り口店舗の入り口

アクセスマップ・所在地

沖縄県中頭郡北谷町美浜9-46 ディストーションシーサイドビル2F

駐車場について

車で来る場合

ディストーションシーサイドビル前の駐車場が1番近いですが、あまり広くはないので満車のことが多いです。

アメリカンビレッジの駐車場などの詳しい情報はこちら→沖縄の人気スポット アメリカンビレッジの攻略法|駐車場・トイレetc

ABOUT ME
KOBO
KOBO
埼玉と沖縄の2拠点居住をしているカメラマンです。海、音楽、ご飯、DIYリノベ、インテリアが大好き!実際に行って良かった沖縄のオススメスポットを紹介していきたいと思います!
関連記事はこちら