かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

沖縄観光

【うるマルシェ】特産品やユニークなパンなどおいしいもの大集合!

うるマルシェ

うるま市にあるおしゃれな市場、うるマルシェは沖縄旅行に来た観光客だけでなく地元住民もたくさん買い物に来る人気スポット。

沖縄のローカルグルメを食べることができるフードコート・沖縄食材がたっぷりのレストランやお惣菜・沖縄県内各地から集まっている野菜…

沖縄中のおいしい食べ物が集まるグルメ天国うるマルシェへ行って来ました〜!

新鮮な沖縄食材の宝庫

生産者と買い手をつなぐことをコンセプトにしているうるマルシェ。

第1駐車場の正面にある出入り口から入ると、うるま市を中心に沖縄県内各地の農家の方から届いた野菜がずらーりと並んでいます。

うるマルシェの野菜2

中城村産の島にんじん。カロテンが豊富です。

うるマルシェの野菜

こちらは津堅島産の「べにくり」と言うかぼちゃ。キャロットアイランドと呼ばれていますがかぼちゃも作っているんですね。

ホクホクした食感で後味がほんのり栗みたいでした!

うるマルシェのパイン

手でちぎって食べられるスナックパインは500円。観光施設などで買うと1000円はするのでかなりお得です!

野菜売り場の奥にある鮮魚コーナーには沖縄県近海で釣り上げたお魚がたくさん。

うるマルシェの魚2

ピタローという魚。初めて見ました。

なんか名前がうけるw

学名はハナフエダイ、沖縄ではバター焼きにして食べるのがメジャーだとか。

この日は沖縄県産のトンボマグロがたくさんありました。

うるマルシェの魚

マグロをじーっと見ていたら、店員さんが「この値段はなかなか出ないですよ!お刺身用にさばけるからね!」と。

確かに安いかもしれないけど、主婦としては1000円の壁が…!

と悩みに悩みましたがせっかくなので買うことに。

白っぽい部分が油が乗っている言うので、赤と白のバランスの良さそうなマグロを厳選。近くにいた店員さん②にお刺身にして欲しいと声をかけると「他の魚はいいんですか?これなんか新鮮ですよ〜」と。

あれよあれよと乗せられて、釣り上げられたばかりだと言う新鮮なシチューマチも買ってしまいました。

鮮魚コーナーの店員さんたち、商売上手w

うるマルシェの刺身

刺身以外にも半分は煮付けにできるように、とか相談に応じてさばいてくれます。

トンボマグロはさっぱりしていて血生臭さがなくおいしかったです。

かっしー
かっしー
シチューマチは煮付けに、マグロはアヒポキにして食べるのが1番おすすめ!
うるマルシェのお土産5

精肉コーナーには沖縄のブランド豚肉「紅豚」を使用した加工食品もたくさん。

うるマルシェの卵

このかわいいパッケージの卵はうるま市の徳森養鶏場の「くがにたまご」。

うるま市の特産品の黄金芋と地元で黄金水と呼ばれる地下水で鶏を育ててる農場の卵なんです。まさに黄金。

うるマルシェの1周年では、総合売上ナンバーワンだった大人気商品です。

うるマルシェの特売日

月曜日は精肉、火曜日はベーカリー、水曜日はおこめ、木曜日は鮮魚、金曜日はお惣菜が特売日。

お惣菜やパンも沖縄素材たっぷり

ベーカリーコーナーのパン

うるマルシェのパン2

野菜コーナーの隣にはベーカリーコーナーもあります。

まさか、沖縄そばがパンになってる…!w

うるマルシェのパン4

パートのエリカさんが考えた、丼まで食べられる沖縄そばだそうです。なるほど。

そばの麺はうるま市石川の仲本製麺所の麺を使用。ちゃんとラフテーと紅生姜まで乗っていて本格的!

黄金芋のあげもちパンは柔らかいお餅を黄金芋で包んだ揚げパンです。3個で210円とリーズナブルですね。

うるマルシェのパン3

受験生を応援したこんなパンもありました。

うるマルシェのパン

受っかれーパンと受かるボナーラフランクw うちなーんちゅのみなさんは温かいのです。

ここまで変わり種のパンをご紹介しましたが、食パンやライ麦パンみたいな普通のパンもちゃんとありましたよw

浜比嘉島の塩を使ったパンや田芋を使ったパンなどかなりたくさんの種類でした!

スイーツ

うるマルシェのアイス

ベーカリーコーナーに紛れてジェラート屋さんもあります。

黄金芋、マンゴー、ドラゴンフルーツ、シークワーサーなど沖縄の食材を使ったものを中心に約10種類。

+50円でジェラートをミルクシェイクにすることもできます。

うるマルシェのプリン

黄金プリンはくがにたまごを使用して作ったプリン。

卵味がしっかりして、なめらかな舌触り。カラメルソースは苦味がなくてサラッとしています。

毎週火曜日は特売日で50円引き。200円のところを150円で買うことができますよ!

うるマルシェのスイーツ2

やきもちやきはなんともスイートな名前の素朴な餅菓子。

紅芋・田芋・ウコン・抹茶・プレーンの5種類で、中には餡子が入っています。温めるとおいしさ倍増。

うるマルシェのお土産9

このトトロが持っていそうな葉っぱの包みは鬼餅(ムーチー)。

旧暦の12月8日に家の軒先にムーチーを吊るし、厄除けとして使われていた沖縄の伝統的なお菓子です。

現在は健康・長寿祈願の縁起物になっています。

月桃の葉の中には餅が入っていて、田芋あん・紅芋あんの2種類が売っていました。

お弁当・お惣菜

うるマルシェのお弁当・お惣菜も激アツですよ〜!

うるマルシェの弁当3

沖縄といえばタコス。具がぎゅうぎゅうに挟んであります。

うるマルシェの弁当2

てびち入りのおでん。沖縄のおでんは少し具が変わっていて、てびち以外にも厚揚げが入っているところも多いです。

うるマルシェの弁当

そしてAランチ!

13時30分頃に行ったらなんと200円引きになっていました!

ハンバーグ・目玉焼き・エビフライ・フライドチキン・カツとガッツリメニューが山盛りです。

フライドチキン・ジャークチキン・卵焼き・いなり寿司などお惣菜もたくさんありますよ。

お土産におすすめのグルメ

お土産にぴったりの食べ物もたくさんあります。

うるマルシェのお土産6

うるまピクルスはゴーヤ・島らっきょうなど沖縄食材を使った手作り。

おしゃれなデザインなのでお土産に喜ばれます。

うるマルシェのお土産2

ありそうでなかったアーサもずくのり。

アーサ・もずく・ニンニク・調味料だけで作られていて化学調味料無添加なんです。

うるマルシェのお土産8

この牛に見覚えがある人も多数いるんではないでしょうか。

道の駅許田で人気のおっぱ乳業のヨーグルトですが、北部までわざわざ行かなくてもうるマルシェで買えちゃうんですね。

うるマルシェのお土産4

こちらはヤギ汁。沖縄ではヒージャーと呼ばれる郷土料理です。

クセが強いイメージですが、CUP YAGI SOUPのお肉はくさみが少なくて柔らかいんだとか。

味は3種類で、長命草・パクチー・よもぎ七味があります。

税込1237円とお高めですが、レトルトだし日持ちがして手軽に食べることができるのでヤギ汁デビューしてみては。

うるマルシェのお土産9

沖縄魚肉ソーセージは太刀魚とイトヨリダイで作られていて、島唐辛子味とシークワーサーこしょう味の2種類。

常温で6ヶ月持ちます。コンパクトで持ち帰りやすいのも好ポイントですね。

うるマルシェのお土産

私の一押しは大根ピクルスのわさび漬け。鼻にツーンとくるわさびのからさがたまりません。

このピクルスのファンは沖縄県民にも多いんですよ〜酒のつまみにピッタリです!

沖縄グルメを味わえるフードコート うるまテラス

うるまテラスは沖縄のおいしいものをたくさん食べられるフードコートです。

冬は風よけのビニールカーテンが掛かっていたのであまり寒くありませんでした!

うるマルシェフードコート

沖縄そばまるやす
ツルツルの自家製平麺が自慢の沖縄そばまるやす。

・うるま市産生もずくを使用したもずくそば 大650円
・生アーサの乗ったアーサそば 大600円
・1番人気の軟骨ソーキそば 大650円

勝連漁協のてんぷら屋
もずくの一台生産ちであるうるま市の勝連漁協の天ぷら屋さん。

・もずく天ぷら 5個200円
・もずく餃子 6個300円
・イカ天ぷら 1個80円

アグー屋
うるま市産のアグー豚料理の店。

・人気ナンバーワンのアグーぶた丼 550円
・アグータコライス 550円
・焼きてびち 700円

うるマルシェフードコート2

農家直営黄金芋専門店 黄金茶屋
黄金芋の専門店。伊計島の自社農場で育った黄金芋、国産小麦、北海道産バター、浜比嘉島の塩、徳森養鶏場の卵を使用した安心・安全なスイーツが食べられます。

・カップ焼き芋 250円
・美らスイートポテトタルト 380円
・黄金の焼き芋プリン 300円

クレープリー・パティスリー R
うるま市大田にあるフレンチレストランBBRがプロデュースしたクレープのお店。ピザやパスタもあります。

・苺のショートなクレープ S398円/M646円
・オムライス 600円
・カルボナーラ 600円

買い物に疲れたところで、うるまテラスでひと休みすることに。

うるマルシェのタピオカドリンク

アグー屋の黒糖タピオカドリンクの黒糖きなこ味。寒かったのでホットにしました。

きな粉が香ばしくておいしい〜ホットもいけます!タピオカはけっこう甘めでした。

ミルクティー、カフェラテ、マンゴーミルク 各400円。

うるま市民食堂で野菜たっぷりランチ

うるま市民食堂

第1駐車場のすぐ横には、うるま市で採れた食材を中心に使用した料理が食べられるうるま市民食堂があります。

目玉の産直野菜バイキングは、フレッシュサラダバー・全9種類のおかずとお惣菜・自家製野菜スープ・日替わり野菜カレー・11種類のソフトドリンクバーが付いて大人1050円・子ども(小学生以下)600円・3才以下無料。

バイキングのみの注文もOKなのでこれだけでお腹いっぱいになりそうですね!

お惣菜はうるま市の薬膳料理教室、薬膳龍花が監修したそうです。

うるま市民食堂メニュー

・アグー豚の生姜焼き 1630円
・超熟成牛ステーキ 2100円
・県産魚介シーフードパスタ 1280円
※全て産直野菜バイキングセットの値段

支払いにはクレジットカードも利用できます。

かっしー
かっしー
野菜がたっぷり食べられるので地元の人にも人気です。

お花屋さん

うるマルシェ植木屋

植木コーナーでは植物も売っています。

ゴーヤ・エンサイ・沖縄とうがんなどの種も売っているので、お土産に買って行ったら沖縄野菜がお家でも食べられちゃいますよ〜!

清潔な施設

2018年11月1日にできたばかりのうるマルシェはまだまだとってもキレイです!

うるマルシェトイレ

授乳室、そして男性用トイレにもオムツ替え台があります。

うるマルシェの授乳室

赤ちゃん連れのお出かけでも安心ですね。清潔だし嬉しい!

貸し会議室・キッチンスタジオ

うるマルシェキッチンスタジオ

うるマルシェは「沖縄の食」に関する情報発信基地となる活動をしているとのことで、会議室とキッチンスタジオ・イベントスペースの貸し出しをしていて料理教室やセミナーなどを開催することができます。

キッチンスタジオは調理器具・スツール・ホワイトボードを、会議室はプロジェクターやタッチパネルディスプレイなどを無料レンタル。

会議室は最大収容人数が180名で、3つに区切って1スペースを利用することもできます。

要予約です。

イベントもたくさん

週末や連休には、キッチンスタジオで料理教室や講座、季節のイベントを盛んに開催しています。

大人も子どもも楽しめるイベントがたくさんあるので、SNSをチェックしてみて下さい。

かっしー
かっしー
2019年夏に開催していた「石窯親子ピザ焼き体験」に用事があって行けなかったからまた開催して欲しい…!

うるマルシェ基本情報

うるマルシェのお土産10

営業時間
農水産直売所 9時〜20時
産直加工品販売ブース 10時〜19時
フードコート/10時〜19時(冬季は11時から)
レストラン 11時〜22時(ラストオーダー21時)
キッチンスタジオ 8時30分〜19時
貸会議室 9時〜22時

電話番号/098-923-3911(代表)
駐車場/無料駐車場あり
WEB/うるマルシェ公式サイト
SNS/うるマルシェ公式instagram
うるマルシェ公式Facebook

アクセスマップ・所在地

沖縄県うるま市字前原183−2

うるマルシェ駐車場

うるマルシェの正面に第1駐車場、裏側に第2駐車場があります。

ABOUT ME
かっしー
かっしー
海なし埼玉県で生まれ育つ。 2019年1月、ひょんなことから行った沖縄旅行で「沖縄最高!」ってなる→ 2019年4月、家族4人で沖縄に引っ越す。 海、カフェ巡り、美味しい食べ物とビールが大好き。 沖縄で出会った場所やもの、おもしろいことなどを紹介していきたいと思います!(食べ物多めになる予感)
関連記事はこちら