かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

沖縄で遊ぶ

ネオパークオキナワの割引クーポン・見どころ・所要時間などを徹底ガイド!

羽を広げた鳥

ネオパークオキナワは沖縄本島北部、名護市にある自然動物園です。

観光客はもちろん、地元の方も訪れるファミリーに人気のスポット。

ただし、普通の動物園とはちょっと違います。

世界でも珍しい動物を飼育していて、他の動物園とは違ったのんびりした雰囲気も特徴です。

そんなネオパークオキナワの魅力や>所要時間、も含めてわかりやすくまとめました。

KOBO
KOBO
来園する前にチェックしてみてくださいね♪

ネオパークオキナワって?

ネオパークオキナワは自然豊かな動物園

ネオパークオキナワは、こんなところです。

ネオパークオキナワの特徴
・アマゾン、アフリカ、オセアニアの動物が100種類以上
・東京ドーム約5個分の超広大な敷地
・熱帯地方の環境を再現している
・沖縄で唯一の鉄道が走っている

ネオパークオキナワには、レッサーパンダやエミュー、カピバラ、ワオレムールなど100種類以上の動物がいます。

なんと、絶滅が危惧されている希少なヒクイドリも。

動物園ではありますが、自然豊かで本島ではなかなか見られない亜熱帯植物も魅力のひとつです。

また、沖縄では唯一の鉄道にも乗れるので、乗り物好きなお子さんも楽しめるでしょう♫

世界各地の自然環境を再現したエリア

羽を広げた鳥

ネオパークオキナワは、アフリカ、アマゾン、オセアニアの自然環境を再現しています。

KOBO
KOBO
7つのエリアに分けられていますが、この記事ではフラミンゴの丘とアマゾンのジャングルの様子をご紹介します!

鳥との距離が近すぎるフラミンゴの池

フラミンゴの池

まず、チケットを購入して奥に進むと、小ぶりな水槽が並んだエリアが。

水槽エリア

水槽の中には、ミナミメダカ、カナヘビ(トカゲ)などが飼育されていました。

奥に進んでいくと休憩所があり、ここでエサを購入できます。

エサは1つ200円。

餌の自動販売機

エサがなくても楽しめますが、エサがあると動物が目の前まで近づいてくるので買っておくことをオススメします。

熱帯動物のエサ餌のパッケージが可愛い

休憩所を抜けて外に出ると、ビックリするほどたくさんの鳥たちが待っています!笑

こちらはフラミンゴの池と呼ばれるエリア。

アフリカ大陸のケニアにあるナクル湖をモデルにしてつくられているんだそう。

エサ箱を見ただけで鳥たちが少しずつ近寄ってきます。

鳥と少年その見せ方やめなさいよ。笑

鳥は人に慣れているので逃げることなく、フラミンゴやトキを間近で見れます。

ネオパークオキナワの動物紹介

歩いて次のエリアに行こうとするとついてくる鳥たち。笑

KOBO
KOBO
こんなに距離が近い場所でたくさんの鳥を見るのは初めてです。

ジャングルエリアに鮮やかな鳥

少し薄暗いジャングルエリア

フラミンゴの池ゾーンを抜けると、次はアマゾンのジャングルです。

南アメリカ熱帯雨林を再現したエリアで、先ほどの池とはまた雰囲気が違います。

池や道をよく見ていると、ベニヘラサギやショウジョウトキをはじめとした色鮮やかな鳥たちを見つけることができますよ。

真っ赤なショウジョウトキ

緑の中に真っ赤な鳥。美しいですね〜!

KOBO
KOBO
望遠レンズを持ってくればよかった…と後悔。

大型魚が泳ぐ水中トンネル

水中トンネル

さらに進んでいくと、水中トンネルが現れました。

アマゾン川を泳ぐ大型魚のピラルクーは迫力満点!

こんな魚がアマゾン川に普通に泳いでいるのかと想像してみると、ちょっと怖いですね。笑

熱帯の大型魚観測ができるトンネル

ネオパークのどうぶつふれあい広場

どうぶつ触れ合い広場のヤギ

動物ふれあい広場では、カピバラやゾウガメ、リャマ、ヤギやうさぎ、犬がいます。

KOBO
KOBO
ワンちゃんゾーンがまさかの1番人気!笑
ワンちゃんと触れ合う

エサを買った瞬間に駆け寄ってくるワンちゃんたち。

KOBO
KOBO
おやつを前にした我が息子のようです…
やる気がなさすぎるカピバラ

そしてやる気のないカピバラ。
エサをもらえるまで目をあけないつもりらしい。

なんだか人間味のある動物たちに、親近感を覚えたのでした。笑

大きな亀

小さいお子さんなら大きなゾウガメの背中に乗ることもできるんだって。

ここで写真を撮れたらいい記念になりますね♪

釣りコーナー

釣り体験もできます。

ただ、お天気の日は直射日光がツライ…この日は10月でしたが、晴れていると夏のように暑いんです。

曇りの日ならゆっくり楽しめるかも。

魚の魚影がすごい

どうやら魚はたくさんいるようです。

機関車でネオパークを1周

池の上を走る鉄道

こちらは、沖縄で実際に走っていた軽便鉄道を再現してつくられている機関車です。

実際に乗って、全長1.2Kmの線路をぐるっとひとまわりすることができますよ。

池の上からエサを撒いたり、動物を窓越しに見たり。

ちょっとした休憩にもなりますし、風も気持ちよくてオススメです。

窓から動物観察できる鉄道機関車

乗り場はネオパークに入園するときの建物2階なので、順路的には最初に乗るか最後に乗ることになります。

運行時刻が決まっているので、事前に確認しておくとスムーズですよ。

沖縄軽便鉄道の時刻表

ネオパークでランチ&ショッピング

園内には、2つの飲食店とお土産屋さんが1軒あります。

パーラーバオバブ

パーラーバオバブ(売店)

ふれあい広場からマダガスカルの入江に向かう途中にあるパーラーバオバブ。

沖縄そばなどのちょっとした軽食に、夏はかき氷・寒い冬はホットコーヒーも売られてます。

日陰になっているテラスがあり、そこから望む小さな島にはシロビタイレムールの家族が。

シロビタイレムールの小屋

小さい小屋をよく観察してみてくださいね♪

カフェレムールテラス

Lemur cafe 店内の様子

涼しい室内で食事するなら、カフェ レムールテラスへ。

お土産屋さんと同じフロアにあり、フードコートのような雰囲気です。

店名通り、窓の外にはワオレムールが見えます。

【カフェ レムールテラスのメニュー】

・ワオワオセット 650円
(コロネパン+お好きなドリンク)

・やきそばセット 900円
(やきそば+お好きなドリンク)

・どんぶりセット 900円
(牛丼、豚塩カルビ丼、天丼、豚キムチ丼、豚生姜焼き丼+お好きなドリンク)

・アルコールセット 800円
(オリオンビール+竜田揚げorポテチキ)

・たこやきセット 800円
(たこやき+お好きなドリンク)

・パンケーキセット 800円
(パンケーキ+お好きなドリンク)

軽食はセットではなく、単品での注文も可能です。

その他ドリンクや、かき氷、アイスクリームもあります。

ネオパークオキナワのカフェでドリンクを注文

ドリンクはかわいいワオレムールデザインのカップに入っています。

お土産屋コーナー

ネオパークオキナワのお土産コーナー

こちらはお土産コーナー。

動物のぬいぐるみを中心に、文房具屋おもちゃ、洋服なども取り揃えています。

レッサーパンダに群がる観光客

そして、奥に進んでいくと…レッサーパンダが!

壁もなく間近でレッサーパンダを見られます。

KOBO
KOBO
お土産売り場の一番奥にいるので、スルーして帰らないように気をつけましょう。笑

ネオパークを1周するための所要時間

ネオパークオキナワ 入り口

今回、小学生男児と親子3人で行ってみたところ、来園から2時間ちょっとで園内を1周できました。

広い園内ですが、小さなお子さんがいても3時間あれば余裕で周れると思います。

機関車に乗らずささっと見る程度なら、1時間もあれば1周できそうです。

KOBO
KOBO
開園時間の朝9時に入場して、お昼には出ていくコースの人も多いですよ。

ネオパークを楽しむポイント

機関車が通る踏切

最後になりますが、実際に行ってみた僕からネオパークオキナワを楽しむためのアドバイスです。


・幼児〜小学校高学年くらいのお子さんがいるファミリー向け
・エサはケチらず買うと楽しい
・真夏より秋、冬や曇りの日に行くのがおすすめ
・暑さと虫除け対策は必須
・全部見て周るなら1Dayパスポートがマスト
・動物に慣れていないお子さんはビックリするかも
・鳥をアップで撮るなら望遠レンズで

KOBO
KOBO
それではみなさん、ネオパークオキナワを楽しんできてくださいねー!

ネオパークオキナワの基本情報

営業時間/9時~ 17時30分(最終入場17時)
定休日/なし
電話番号/0980-52-6348
駐車場/無料駐車場あり
WEB/https://www.neopark.co.jp/
SNS/ネオパークオキナワ公式Instagram

入園料金と割引クーポン

ネオパークオキナワの料金一覧表

【入園料金】
大人 900円
小人(4才~小学生) 500円

【1DAYパスポート】

大人 1,700円
小人(4才~小学生) 1,100円
(入園・鉄道・ふれあい広場全部コミコミ)

ネオパークオキナワのオフィシャルサイトに割引クーポンはありませんが、レジャー予約サイトのアソビュー!なら割引価格でチケットを購入できます。

プランによって最大で約2割引きになるので、家族で行く人はお得にチケットを購入するなら、アソビュー!で前売りチケットを買うのがおすすめ〜!

KOBO
KOBO
会員登録はもちろん無料です。

アソビュー!で割引チケットを買う

アクセスマップ・所在地

〒905-0012
沖縄県名護市名護4607-41
※那覇空港から高速道路を利用して約1時間30分

ネオパークに行く前後にランチするならここ

名護で人気の沖縄そば屋といえば、新山そば。

昔ながらの雰囲気で、ローカル感が強め。

嵐の櫻井くんが撮影で訪問したことでも有名です。

新山そば
新山そば(名護)大正生まれの老舗で昔ながらの沖縄そば名護の老舗、新山そば。ヒラ麺発祥の地としてだけでなく、人気アイドルが訪れたことでも有名なお見せです。沖縄そばのメニューや店内の雰囲気をご紹介します。...

後の入り口にある、道の駅許田。

天ぷらにサーターアンダギーなど、沖縄のB級グルメがたくさん楽しめます。

道の駅許田の天ぷら
道の駅 許田で沖縄B級グルメを食べつくす!人気のお土産ベスト5もチェック沖縄旅行での楽しみは美しい自然や琉球文化。そして沖縄のおいしいものを食べることですよね! 名護の入り口、道の駅許田やんばる物産セン...

名護でステーキを食べるなら、老舗レストランのふりっぱーへ。

レトロでかわいい店内には座敷席もあり。

こども連れでも入りやすいレストランです。

ふりっぱーのステーキ
ふりっぱー|名護の老舗ステーキレストランでちょっと贅沢ランチ沖縄県名護市にある老舗のステーキレストラン、ふりっぱー。おすすめメニュー・アクセスなどを紹介します。...
ABOUT ME
KOBO
沖縄トラベルのWEBの設計やSNSのマーケティングを担当しています。カメラマン歴10年以上、人物撮影をメインに現在も活動中。→KOBOインスタグラム
関連記事はこちら