かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

沖縄観光

昔の沖縄にタイムスリップ!琉球文化を見れる&体験できる琉球村

琉球村

沖縄県の中部にあり、那覇空港から下道でも約1時間20分で行ける琉球村。

ここでは沖縄の原風景を再現した村や伝統芸能を見たり、沖縄ならではのアクティビティもたくさん体験できます。

冬でも遊べるし、天気が悪い日は体験ブースめぐりをして楽しむことができる便利スポット。

天気が変わりやすい沖縄へ旅行に来る前に、琉球村の遊び方をチェックしておきましょう!

琉球村には入場無料エリアがある

大型バスの駐車場横にある琉球村の入り口に入ると、屋根のあるドームのような、いちご畑の温室のような場所があります。

琉球村の道の駅

実はここ、琉球村内の「沖縄の駅ちゃんぷるー」と言う施設で入場料はかかりません。

入場無料エリア「沖縄の駅ちゃんぷるー」でこんな事ができる

・サンゴや貝がらを使ったクラフト体験
・三線の演奏体験
・沖縄ガラスの万華鏡づくり
・シーサー色付け体験
・琉球貸衣装
・ガラスアクセサリーづくり
・きじむなあ食堂で食事
・島唄ライブ、エイサー鑑賞
・お土産屋さんでショッピング

ここだけでけっこう楽しめちゃいそうな充実度です!

琉球村の体験アクティビティ

サンゴや貝がらを使ったクラフト体験は種類が多くて、フォトフレーム・ランプ・ジェルキャンドルなどなど。

夏休みの工作の宿題はこれでバッチリです。

琉球村のシーサー絵付け体験

こちらは色付けされたシーサーたち。

個性豊かですね!特に左前のシーサーがww

琉球村に入るには

琉球村に入るには、沖縄の駅ちゃんぷるーでチケットを購入します。

こちらは現金支払いのみの券売機。何カ国語対応?

琉球村の入場券

券売機の隣の受け付けカウンターでは、クレジットカード決済での購入もできます。割り引きクーポンを持っている場合もこちらへ。

あと、カウンターにある「琉球村かわらばん」と書いてあるガイドブックはぜひもらっておきましょう。

琉球村かわらばんは3ヶ月ごとに作られているようで、私がもらったガイドブックにはシーサーの色付け体験の割引やソフトクリームのトッピングのプレゼントなど、6種類のクーポンが付いていました。

琉球村のマップ

ちなみに園内はこんなふうになってます↑

チケットとガイドブックを持って琉球村の入り口へ!

琉球古民家めぐり

入口に入るとまずはキジムナーが出迎えてくれます。

琉球村

キジムナーは昔から沖縄に伝わる赤い髪をした火の精霊です。

木に住んでいて、好物の魚を捕りに海に行ったりもするとか。人間に友好的だけど、ときどき悪質なイタズラをすると言われていますw

琉球村のあちこちにいるので探してみて下さい。

琉球村のトイレ

右に進むと出てくるのは琉球古民家エリアです。

なんとも言えぬ素敵な雰囲気・・・ちなみにここはトイレへの道です。

有形文化財がある!

ここのエリアには、国の有形文化財に登録された建物がなんと8つもあります!!

琉球村の古民家

こちらの旧大城家は琉球王朝時代の大臣、与那原さんが建てたと言うだけあって立派なお家。

平家も縁側も昔は普通だったのかもしれないけど、今ではすっごく贅沢ですよね〜憧れる!

なんと200年以上前に建てられ、糸満に移築されたり第二次世界大戦の戦火を逃れたりと激動の時代をなんとか生き抜き、琉球村に移築されたそうです。

古民家にはスタッフさんがいて、旧大城家のエピソードもおばあが教えてくれました。

こんな話を聞くと感動が増しますね。

エイサーを見る

天気が良ければ、古民家エリアにある中央広場で道ジュネーが見れます。10時からと16時からの1日2回、約25分間です。

道ジュネーとは、先祖供養のために楽器を演奏したりエイサーをしながら練り歩くこと。

本来は旧盆にやるのですが、琉球村では一年中見ることができちゃいます。

雨の場合は室内でやる

しかしこの日は雨上がりで地面が濡れていたため、キジムナー劇場という場所でやるとのこと。

中央広場の奥の方にキジムナー劇場への道があります。

琉球村のキジムナー劇場

歩道は濡れていると滑りやすい感じの道なので、足元には気をつけて下さい!

琉球村のエイサー

劇場ではコミカルな獅子舞のパフォーマンスやエイサー、花笠踊りを見ることができました。

観客参加型のショー形式で、ショーの最後には観客も一緒にみんなでカチャーシーを踊ります。

カチャーシーは沖縄の踊りで、喜びを分け合うという意味があるそうです。

出演者の人がレクチャーしてくれるし、簡単な動きなので初めての人でもすぐに踊れちゃいますよ!

楽しいけど寒かった…

キジムナー劇場のショーは「せっかく来たんだぢとりあえず見ておこうか〜」というノリで行きましたが、思った以上に楽しめました!

けれど、けっこう涼しい日なのに劇場内はエアコンがガンガンに効いていたので、羽織りものを持って行った方が良いと思います。

ちなみに私が行ったのは12月の雨の日でしたww

陶芸工房

古民家エリアを抜けた先にある大きな建物は陶芸工房。

琉球村の陶芸体験

なんだか秘密基地みたいなわくわくする雰囲気!!

シーサーづくり

陶芸窯元ではシーサーづくりの体験ができます。

・スタンプシーサー
・手びねりシーサー
・手びねり本格シーサー(13歳以上から)
・壁掛けタイプの手びねり本格面シーサー(13歳以上から)

スタンプシーサーは幼児からOK。所要時間も約30分なので手軽に楽しめます。

手びねりシーサー体験は所要時間が約100分から、手びねり本格シーサー体験は約300分からとなっているので、時間に余裕を持って行きましょう。

体験は予約制

シーサーづくりは完全予約制なので、事前に電話やウェブで予約をしておく必要があります。けれど当日にOKKトラベルツアーカウンター(沖縄の駅チャンプルーのチケット売り場のカウンター)で聞いてみて、もしも空きがあればやらせてもらえるそうです。

シーサーづくり体験以外にも事前予約制の体験アクティビティ・当日にふらっと行ってできる随時受付のアクティビティとがあります。

沖縄の駅ちゃんぷるーは随時受付のものがほとんどのようで、スタッフさんがあちこちで呼び込みをしていました。

けれど夏や連休などの繁忙期・修学旅行シーズンは混むと思うので、事前予約制の体験はもちろんのこと、やりたいアクティビティが決まっているなら事前に予約をして行った方が良いと思います。予約はこちらのウェブサイトでできます
OKKトラベル

青の洞窟でのダイビングツアーなどもこちらでやっているので、まとめて手配ができて便利ですね。

やちむんなどの伝統工芸品

琉球村の陶芸工房

陶芸工房ではやちむん(沖縄の焼きもの)、琉球ガラスの食器、泡盛などを買うこともできます。

琉球村のやちむんこの湯呑みは880円とかなりお買い得!掘り出し物が見つかるかもしれませんね。

サーター屋のダイちゃんと写真が撮れるよ

最後はサーター屋、お砂糖屋さんです。

昔は村ごとにサーター屋があって、水牛が歩いて周ることでキビを絞る砂糖車という機械を動かし、その絞り汁から砂糖をつくっていたそうです。

琉球村の水牛水牛のダイちゃん。お客さんが来ると歩いたり。一緒に写真も撮ってくれます。

撫でても嫌がることなくとても穏やかな性格でした。

ダイちゃんは8才で人間で言うところの32才。働き盛りですね〜。

なんか気が付くと目を閉じてるし、ずっと眠そうにしてたけどww

ランチは「きじむなあ食堂」へ

サーター屋の先のお土産屋さんを抜けると琉球村の出口です。

最初に入った沖縄の駅ちゃんぷるーに戻って来ます。

きじむなぁ食堂

ここにある食堂は2階が団体客専用で、食堂の前のフードコートのようなエリアが一般客用のエリアです↑

ここではちゃんぷるー劇場の沖縄民謡やエイサーを見ながら、食事を楽しむことができるのです。

きじむなあ食堂のメニューは、沖縄そばやタコライスなど沖縄らしい軽食類です。

サーターアンダギーやアイスが売っている売店もありました。

観光施設なので料理の値段は少し高めですが、民謡を聞きながら食べられるなら良いですね〜

琉球村ランチ

リアル宝探し

琉球村では子どもも楽しめるイベントをやっていました。

琉球村の宝探しイベント

大冒険ラリーハント

大冒険ラリーハントは、宝の地図を持って琉球村の中にある隠れたお宝を探しスタンプを集めるゲーム。クリアしたらメダルをもらえます。

子どもって歩くのを嫌がるけど、スタンプラリーや宝探しとなると超ダッシュで走りますよねw

これなら楽しく琉球村内をお散歩できるはず!

参加費は650円です。宝の地図は入場券売り場のカウンターで購入できます。

琉球村に行った感想

沖縄に移住して8ヶ月、初めて琉球村に行きましたが想像以上に楽しかったです!

景色を楽しんだり文化を学んだり、意外と大人向けのスポットでした。

子どもは体験アクティビティができる年齢、5・6才くらいになれば楽しめるんじゃないかと思いますよ。

琉球村の基本情報

電話番号/098-965-1234
営業時間/9時〜17時30分 ※最終受付は17時
入場料/大人(16才以上)1500円、高校生1200円、小人(小中学生)600円、6才未満無料
WEB/琉球村公式サイト
SNS/琉球村公式Facebook

高校生は学生証の提示が必要なのでお忘れなく!

アクセスマップ・所在地

沖縄県恩納村字山田1130

琉球村の駐車場

山道の中に突如現れる琉球村。

琉球村の隣には大型バスとレンタカー専用と書かれた駐車場が、道路を挟んだ反対側には乗用車用の駐車場があります。

琉球村の駐車場

こちらは大型バス・レンタカー用の駐車場↑

駐車場の入り口にスタッフがいれば誘導してくれますが、いないときは自分で看板をチェックして停めましょう。

ABOUT ME
かっしー
かっしー
海なし埼玉県で生まれ育つ。 2019年1月、ひょんなことから行った沖縄旅行で「沖縄最高!」ってなる→ 2019年4月、家族4人で沖縄に引っ越す。 海、カフェ巡り、美味しい食べ物とビールが大好き。 沖縄で出会った場所やもの、おもしろいことなどを紹介していきたいと思います!(食べ物多めになる予感)
関連記事はこちら