かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

沖縄観光

琉球村・おきなわワールド・むら咲むらを比較!沖縄の冬&雨の日に人気の観光スポット

沖縄の冬の観光スポット

こんにちは!沖縄トラベルのかっしーです。

みなさん沖縄を代表する観光スポット、《琉球村・おきなわワールド・むら咲むら》を知っていますか?

沖縄旅行の情報雑誌やウェブサイトでは冬や雨の日向けの観光スポットとして必ず紹介されているので、沖縄旅行のプランを立てている人なら名前を見たことがあるんじゃないかと思います。

けれどこの3つ、何が違うのかよく分からなくてどこに行くか迷っている人も多いはず。

この記事ではそんな人のために、3つのスポットの違いやおすすめポイントなどを実際に行ってきた体験・感想を基に比較&解説していきます!

琉球村・おきなわワールド・むら咲むらの場所

沖縄観光スポットマップ

まずは琉球村・おきなわワールド・むら咲むらのある場所を把握しましょう!

おきなわワールドは沖縄本島南部の南城市にあり那覇空港から約30分で行けると言う立地の良さが大きな魅力です。

滞在日数が短かい人や南部に宿泊する人には、おきなわワールドが1番行きやすいですね。

むら咲むらは沖縄本島中部の中頭郡読谷村、琉球村は恩納村と2つの施設は近くにあり、どちらも那覇空港から高速道路を使わなくても1時間10分くらいの距離。

名護へも1時間くらいと、沖縄旅行で立ち寄りやすい場所にあります。

おきなわワールドのおすすめポイント

沖縄ワールドの鍾乳洞の所要時間は

おきなわワールドおすすめポイント①国内最大級の鍾乳洞

サンゴを主成分とした琉球石灰岩でできている国内最大級の鍾乳洞、玉泉洞はおきなわワールドの大きな見どころです。

30万年かけてつくられたという鍾乳石に大自然の力を感じます。

おきなわワールドおすすめポイント②ハブ博物公園

ハブ博物公園は子ども、特に小学生くらいの男の子が大喜びする場所。

ハブに関する資料の展示やヘビやカメなどの生き物の展示を見ることができます。

ヘビやトカゲに実際に触れるふれあいコーナーも大人気。

沖縄ワールドのハブショー

名物のハブショーはコブラやマングースもゲスト出演し、シュールな笑いを誘いますw

かっしー
かっしー
想像以上に大人も楽しめますよ!

おきなわワールドおすすめポイント③スーパーエイサー

おきなわワールドオリジナルのスーパーエイサーも見どころです。

エイサーは地域ごとに少しずつ違いますが、おきなわワールドのエイサーはダイナミックな振り付けで迫力があります。

おきなわワールドのエイサー

残念ながら写真・動画の撮影は現在禁止になっています。

その他にも熱帯フルーツ園では自然に触れることができるし、酒造所ではサンゴ地ビールやハブ酒をお土産に買ったり飲食店で飲むことができます。

沖縄生まれの地ビール、OKINAWA SANGO BEER

琉球ガラス・紅型・藍染・ブクブク茶・セグウェイ・サトウキビ収穫などの体験アクティビティもたくさんあり。

広い敷地に色々な施設が入っているので1日かけて遊ぶこともできるんじゃないかと思いますよ。

いくつか体験をするだけなら半日あれば十分周れます。

おきなわワールドについて詳しい情報はこちら→おきなわワールドで沖縄文化を満喫しよう!鍾乳洞・エイサー・ハブも

琉球村のおすすめポイント

琉球村おすすめポイント①自然

琉球村のトイレ

琉球村の魅力はなんと言っても自然の豊かさ。

木が生茂る山の中に琉球古民家が立ち並ぶ風景は本当に素敵です。

最近ではウェディングフォトの撮影にも利用されています。

琉球村おすすめポイント②本格的な陶芸体験

琉球村の陶芸体験

琉球村には大きな陶芸窯元があって本格的な陶芸体験ができます。

時間がある人は、13歳からできる手びねり本格シーサー体験を申し込んで本気のシーサー作りをするのもおすすめ。

かっしー
かっしー
所要時間はなんと300分!かなり本気です

陶芸工房ではやちむんがお手頃価格で売っていることがあるので探してみては。

もちろんエイサー・ミチジュネー・体験アクティビティもあります。

琉球村の詳しい情報はこちら→昔の沖縄にタイムスリップ!琉球文化を見れる&体験できる琉球村

むら咲むらのおすすめポイント

むら咲むらのランタンフェスティバル3

むら咲むらのおすすめポイント①体験アクティビティの豊富さ

むら咲むらではとにかくたくさんの体験ができます。

その数沖縄県内トップの101個!

沖縄そば打ち体験、エイサー体験、沖縄空手教室と他にはないちょっと変わり種のアクティビティもあります。

むら咲むらのおすすめポイント②コンパクトに周れる

むら咲むらの敷地内にはホテル・温泉があり、車で5分もかからない距離に美しいニライビーチもあります。

沖縄旅行でゆっくりとした時間を過ごしたい人には、移動の時間が抑えつつ読谷村で様々な時間の過ごし方ができるのでおすすめです。

かっしー
かっしー
12月〜3月にやっているイベント、琉球ランタンフェスティバルもすごく素敵ですよ!
むら咲むらのランタン

むら咲むらの詳しい情報はこちら→読谷村のむら咲むら(むらさきむら)で沖縄文化を体験しよう!

行き先を選ぶポイント

沖縄のシーサー

おきなわワールドはアクティブに遊びたい人向けのテーマパーク、琉球村は雰囲気をのんびりと楽しむところ、むら咲むらは体験アクティビティをたくさんやりたい人向けの場所、という感じでぞれぞれ特徴がちゃんとありました。

琉球村とむら咲むらはゆる〜り感が出ています。

雨の日に1番遊びやすいところは

ずばり琉球村です!

おきなわワールド・むら咲むら・琉球村も「天気の良くない日に遊ぶ場所」としてよく紹介されているので、室内で遊べるイメージを持っている人もいると思います。

たしかに室内での体験アクティビティがたくさんありますが、いくつもの体験施設や飲食店などの建物間の移動は屋外になるので、雨が強い日なんかは案外大変です。

琉球村のキジムナー劇場

それじゃあなんで雨の日に琉球村がおすすめなのかと言うと「沖縄の駅ちゃんぷるー」という建物があって、この中で色々と遊ぶことができるからです!

琉球村の入り口から入ってすぐ、チケット販売機・アクティビティ受け付けカウンターがある温室のような建物が沖縄の駅ちゃんぷるー。

琉球村の道の駅

沖縄の駅ちゃんぷるーは入場無料なので、とりあえず琉球村へ行ってみて、雨が止んだタイミングで琉球村に入場しても良いと思いますよ!

もし雨が止まなくても、沖縄の駅ちゃんぷるー内でできる体験がたくさんあるので安心です。

沖縄ガラスの万華鏡づくり、シーサー色付け体験、琉球貸衣装、ガラスアクセサリーづくりなど。

琉球村の体験アクティビティ

その他にもお土産屋さんで買い物をしたり、レストランで食事もできます。

レストランの前の広場では島唄ライブやエイサーを見ることもできるので、沖縄の駅ちゃんぷるーだけでも数時間は遊べそう。

ただ、トイレだけは沖縄の駅ちゃんぷるーの外にあります。

すぐ目の前にあるので、豪雨でなければそんなに濡れずに行けます。

かっしー
かっしー
雨の中あちこち移動しなくても1カ所で体験・食事・買い物・ショーを楽しめるのでとっても便利ですよ

子ども連れで行くなら

ハブ以外の動物とも触れ合える

幼児〜小学生くらいの子ども連れで行くなら、おきなわワールドがおすすめです!

とにかく広くて、フルーツを見たり体験をしたりハブ博物公園に行ったり…子どもが飽きたら次々といろいろなところに行けるのが良いところですね。

中学生くらいの子ども連れまたは赤ちゃん連れの旅行なら、むら咲むら。

小さな赤ちゃんがいると荷物をたくさん抱えての移動が大変ですが、むら咲むらのホテルに泊まれば身軽に出かけられるし、あちこち行く負担が少なくて済みます。

中学生くらいの子どもならたくさんある体験の中からちょっと難しい体験やマリンアクティビティも選べて、満喫できると思いますよ。

デートで行くなら

やっぱり雰囲気が素敵な琉球村がおすすめです。

琉球村の古民家

琉球衣装の着付け&レンタルをやっているので、伝統的な琉球衣装を2人で着て古民家の前で写真を撮ったり散歩をしたりしてはどうでしょうか?

無料エリアの沖縄の駅ちゃんぷるーはファミリー向けな感じがしますが、琉球村は総合的に見ると実は大人が1番楽しめるスポットだと思います。

むら咲むらの冬季の夜限定のイベント、琉球ランタンフェスティバルはデートにぴったりなので、開催期間中(2019年12月〜2020年3月31日)に行けそうな人はぜひ!

ABOUT ME
かっしー
かっしー
海なし埼玉県で生まれ育つ。 2019年1月、ひょんなことから行った沖縄旅行で「沖縄最高!」ってなる→ 2019年4月、家族4人で沖縄に引っ越す。 海、カフェ巡り、美味しい食べ物とビールが大好き。 沖縄で出会った場所やもの、おもしろいことなどを紹介していきたいと思います!(食べ物多めになる予感)
関連記事はこちら