かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

沖縄の海

北谷公園サンセットビーチの全てがわかる!みんなが知らない超穴場ポイントも

北谷サンセットビーチ / 1年通ってみた僕が見所を一挙ご紹介!

沖縄トラベルのKOBOです!

1年前にはじめて北谷サンセットビーチに来て、それからちょこちょこと通いながら写真を撮り続け、気がつけば早1年が過ぎました。

いろいろな海のコンディションも見てきたし、写真にも収めることができたので北谷公園サンセットビーチを知り尽くした僕が、見どころを一挙ご紹介してみたいと思います!

人工湾なので波風が立たない

ビーチからベッセルホテル カンパーナ沖縄を臨む

北谷公園サンセットビーチは人工湾。タウンビーチと言われています。

人工湾なので波風が立ちにくいため穏やかな日が多く、誰でも安心して遊べます。

遊泳期間は「波が荒れて泳げない〜」なんてことはほとんどありません。

また、遊泳期間中は監視員も常駐しているのでこども連れでも安心ですね。

季節・時間によって違う表情を見せてくれる

同じビーチなのですが、季節によって、また時間帯によって全然違う表情を見せてくれます。

当たり前かもしれませんが、はじめて行く方が「行ってみたけどなんか思ってたのと違かった」とならないためにも書いていきたいと思います!

夏だけ!ビーチパラソルが絵になる!

こちらは夏に撮った写真です。
夏の間だけビーチパラソルがセットされるのですが、これが可愛い!

リゾート感があって良いですよね。

青いビーチパラソルと海

こんな写真も撮れますよ。干潮の時間でした。

干潮の時間に撮影

冬は人が少なくて、晴れた時の海の透明度がすごい!

冬はビーチパラソルなどは片付けられてしまうのですが、夏より透明度があってまた良い雰囲気だな〜と思います。

ベストコンディションは、風のない日で太陽が出ていること。この2つの条件が整えば、海の色が鮮やかで美しい写真が撮れますよ!

冬のサンセットビーチ

インスタ映えする椅子!?

こちらはつい最近設置されたばかり。
なんだと思いますか??

北谷サンセットビーチのインスタ映えする椅子

これ、光る椅子なのです!
昼間は電気がつきませんが、後ろから撮ると海が写るようになっていますよ。

座って後ろから撮ると

夜は椅子が光って遠目で見るとこんな感じになっています。

光る椅子を遠目で見る

サンセットビーチの名前の通り、夕焼けは格別

陽が沈みかけてきたサンセットビーチ。
この日は冬の12月でしたが、外国人のこどもたちが海へ入って遊んでいました。

クレイジークール!と叫んでいました。笑
そりゃそうだろうね…

冬でも暖かい沖縄といえども、やっぱり冬の海は寒いです!笑

日が沈みかけの北谷公園サンセットビーチ

お天気の良い土日・祝日はたくさんの人で賑わいますが

夕暮れを見に来る人々

平日はこの通り、あまり人がいないので写真を撮るなら平日がオススメ。
干潮だったので違う場所みたいですが、同じ場所ですよ。

陽が暮れた北谷公園サンセットビーチ

昼間は青い海と白い砂浜が美しく、夕暮れは沖縄県内でも有数のサンセットスポットに変貌を遂げます。

夕暮れ時にはプロポーズをする恋人たちも時々見かけますよ。
あま〜い!←ネタが古い?笑

超穴場!沖縄の夜景をバックに撮れるポイント!

アメリカンビレッジ側から撮った写真です。
もし夕暮れを見る機会があったら、少し陽が沈んだあとにでも沖縄の夜景をバックに撮ってみてくださいね。

沖縄の夜景

お酒を頼んでゆっくりするもヨシ、BBQもできちゃう!アイランドパドラーズ

浜辺にはアイランド パドラーズ(Island Paddler’s)という名のBARがありますよ。

アイランド パドラーズ

メガモヒートが名物!

アルコールドリンクではメガサイズのモヒートが名物となっているようです。

メガモヒートの値段は

・メガモヒート・レギュラー 3,000円
・メガモヒート・マンゴー 4,000円
・メガモヒート・パイナップル 4,000円
・メガモヒート・クランベリー 4,000円
・メガモヒート・ブルーベリー 4,000円

少しお高めかな〜と思いましたが、ビーチサイドで注文している方を見かけましたがバケツみたいなサイズでした。笑
6杯分くらい入っているようなので、そう思うとそんなに高くはないのかもしれませんね^^

フードはピザやチキン、フライなどが注文できますよ。

・チキン&チップス 800円
・ピッツア・トリプルチーズ 1200円
・バッファローチキン 600円
・フレンチフライ・チリハラペーニョ 800円

どれも美味しそうなものばかり…
また、フードのラストオーダーは20時となっています。

アイランドパドラーズの浜辺の席

浜辺に席があるのでリゾート感を味わいながら料理が楽しめます。

BBQを予約する時は要注意!

BBQ受付の詳細BBQの場所はこんな感じ

事前に予約をしておけばBBQも楽しめます。(通年営業とのことで冬でもできるみたい)

予約受付は電話での受付になっていて、飲み放題がつくかつかないかで受付が異なります。

・飲み放題がつくBBQはアイランドパドラーズへ
・飲み放題がつかないBBQは北谷公園サンセットビーチ管理事務所へ

北谷公園サンセットビーチ管理事務所
(受付時間:AM9:00~PM18:00)
TEL/098-936-8273

アイランドパドラーズ
OPEN/12:00〜
TEL/098-936-8273

バーベキュープランの(料金)

バーベキューのみ!通常料金
・20名以上~1人につき3000円(BBQグリル、大テント、ビールサーバー10L、食材込)
・10名以上~1人につき2500円(BBQグリル、小テント、食材込)

飲み放題つきのプラン
2名以上~1人につき4000円(2時間飲み放題、食材、グリル込)

※ 空き状況は、北谷公園サンセットビーチ管理事務所(098-936-8273)へ電話をすれば確認できます。

当日対応が可能のBBQプランもあるそうなので、ビーチへ行く当日にこの記事を見たとしても諦めずに電話するだけしてみてください。笑

メニューは季節ごとにより変更になる場合があるそうです。

KOBO
KOBO
ゴミの処分やグリルの洗浄もやってくれるそうなので、お気軽楽チンで最高ですね!家族や友人とサンセットを見ながらバーベキューを楽しんでみては?

猫に会える率ほぼ100%!ねこがたくさんゾーン

ニャンコ(猫)に会える沖縄のビーチ

サンセットビーチの知られざる特徴の1つとして僕が伝えたいのがこれ。

にゃんこがめっちゃ沢山いる!
エサに群がって10匹位いることもしばしば…

にゃんこだって十人十色

たそがれるニャンコがいれば…

黄昏る猫

彼女とデートするニャンコまで…

デートする猫

リア充かよっ!笑

北谷公園サンセットビーチの基本情報

北谷公園サンセットビーチの地図

アクセスマップ・所在地

沖縄県中頭郡北谷町字美浜2

無料駐車場・バスやタクシーを使う場合の所要時間など

上記のマップを見ていただけるとわかりますが、すごく近くに1500台ほど停められる無料駐車場があります。
車で来られる方はこちらへ駐車しましょう。

車で那覇から来る場合のアクセスと所要時間
那覇空港から国道58号線を北上して美浜交差点を左折します。混んでいなければ約40〜50分前後で到着するはずです。(夕方は58号が混むので避けた方が良いかもです)

沖縄自動車道を使用する場合は、沖縄南ICから車(一般道)で25分です。

タクシーで来る場合は
北谷公園サンセットビーチまで、と伝えればOKです!
もし伝わらない場合は、アメリカンビレッジの真横にあるビーチなので、アメリカンビレッジを目指してくればOKです!

那覇空港からタクシーに乗る場合の料金は約5,000円~6,000円が目安かな?
詳細は各タクシー会社にお問合わせ下さいね。

バスで来る場合
那覇空港からは120番(名護西空港線)
那覇市内の停車バス:20番名護西線、28番読谷(楚辺)線、29番読谷線

美浜アメリカンビレッジ入口で下車してください。ビーチまで徒歩7分。
料金の目安は那覇空港のバスターミナルから約700円です。

詳細は各バス会社にお問合わせ下さい。
バスナビ沖縄
那覇空港・北谷路線バスのご案内

遊泳について

基本的には海で泳ぐ場合は、遊泳区域内のみで楽しんでください。

危険生物の侵入防止用ネットが張ってあるので、その区域内で楽しんでいれば安心です。

沖は流れがあったり、オニダルマオコゼなどに刺されてしまうケースもあるので必ず守ってくださいね。
(オニダルマオコゼはハブ毒の30倍とも言われる猛毒を持っている魚。刺されたら終わりデス…)

遊泳可能期間は4月中旬〜10月の末まで。
遊泳可能時間は朝の9時〜18時まで。(時期により変動)

遊泳期間はこちらのリンクから確認できます
本日の遊泳(遊泳できるかどうかを確認する)

トイレ・シャワーについて

トイレは2箇所ありますよ。
1つはアイランドパドラーズの真裏です。

ここのトイレの中にはシャワーもありました。

トイレ

ビーチ目の前のホテルに泊まっちゃう?ベッセルホテル カンパーナ沖縄

ビーチの目の前にある、カラフルな外観のホテルに泊まることも可能です。
ベッセルホテル カンパーナ沖縄の公式サイト

ビーチで遊んでアメリカンビレッジでショッピングを楽しんで、北谷で1日を過ごすなら思い切って泊まってしまうのも良いかもしれないですね♪

朝7時からお店がオープンしている、朝食でも人気のポークたまごおにぎり(通称ポーたま)にも徒歩で行けるので、もし泊まる方はチェックしてみてください♪

ちなみに僕はこのポーたまが大好物でよく買いに行きます。笑

サンセットビーチまとめ

いかがでしたでしょうか?

青い海、白い砂浜の北谷サンセットビーチをご紹介させて頂きましたが、近くにホテルやイオン、アメリカンビレッジなどの商業施設が沢山あるのにこんなに海が綺麗なのはすごいな〜と思ってしまいます。

沖縄旅行で北谷方面に来ることがあったら、ぜひお立ち寄りくださいね!
ではでは!

※ 施設やお店の情報は参考程度までに
もしかすると変更になっている場合がありますので現地の情報に従ってください。

ABOUT ME
KOBO
KOBO
埼玉と沖縄の2拠点居住をしているカメラマンです。海、音楽、ご飯、DIYリノベ、インテリアが大好き!実際に行って良かった沖縄のオススメスポットを紹介していきたいと思います!
関連記事はこちら