かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

沖縄の海

浜比嘉ビーチは超穴場!映える写真が撮れるオトナなビーチ

浜比嘉ビーチ

どうもカメラマンのKOBOです。
浜比嘉島に来たら是非行って欲しいビーチの一つがこの浜比嘉ビーチ。(別名ふるさと海岸)

何でオススメかって?
浜比嘉ビーチは映える写真が撮れる超穴場スポットなのです!

KOBO
KOBO
僕も本当に大好きな場所で何度も行ってます!特徴や映えるポイントを解説していきますね!

浜比嘉ビーチの特徴

浜比嘉島のビーチ、浜比嘉ビーチ

浜比嘉ビーチの特徴は「静か・綺麗・映える」この3つに集約されますが、詳しく解説していきますよ!

さすが離島の海!水がきれい

浜比嘉ビーチの透明度

真夏だったり、時々少し水が濁る時もありますが水質は抜群!
やはり離島の海は透明度が違います。

波打ち際を歩いていると、小さな魚の群れが見えました。

静かで混み合わない

人が少ない沖縄本島の穴場ビーチ

他のビーチに比べて観光客が少ないように感じます。
地元の方には好まれる静かなビーチ。

観光客が少ない理由は、マリンアクティビティやシュノーケルが基本的にはできないから。

思いっきりバナナボードやジェットスキーなど、派手なマリンアクティビティで遊びたい人には向かないけどだからこそ空いていて水も綺麗なんです。

夏には思いっきり泳ぎたくなってしまうけど、監視員もいないし遊泳ネットも無いので注意が必要です。
僕は足をクラゲに刺されまして身をもって学びました。笑

浜比嘉ビーチの映えスポット

竜宮神の石 ビーチ入り口

まず、こちらビーチの入り口です。
竜宮神の石が目印ですね。

沖縄の海岸でよく見られるモモタマナの木の陰がなんとも良い感じ。
こういう光好きだな〜。

そして中に入ってみましょう。

青のグラデーションが美しい浜比嘉ビーチ

歩いているだけで映えますね。笑

ビーチに立つ女性

浜辺は文句のつけようがないほど美しい。
ずっと眺めていられそう。

人が少ないビーチは他の人やモノが映り込まないのが良いですね。
カップルフォトやブライダルにも向いてそう。

歩きやすい防波堤

防波堤があり、先端まで歩くことができますよ。
釣りをしている地元の方も見かけます。

テトラポットより歩きやすいですが、落ちないように注意しましょうね。

防波堤に腰掛ける女の子

風が吹いても絵になる。

うるま市の浜比嘉島でポートレート撮影

ビーチはぐるっと一周歩けるくらいでちょうどいい。
※島内にはいくつかビーチがありますが、砂浜が一番広いビーチと言われています。

防風林が作り出す日陰もまた良い感じ。

ビーチの木陰部分

ちなみにこの防風林は、集落にビーチの砂が飛んでいかないように必要なものらしいです。
夏になると地元の人がこの木陰に食材を自分たちで持ち込んでBBQをやったりしていますよ。

真夏にサンセットを見ながらビールを飲めたら最高ですねー!

浜比嘉島はこのビーチだけじゃなく、映えるスポットが沢山あるんですよ。
1日かけて島をめぐるのも良いと思う。

ここにしかない、やわらかいローカル感にきっとハマってしまうはず。

ビーチ前にあるカフェも素敵

浜比嘉島にあるオススメのカフェ

目の前にはこんなオシャレなCAFEもありますよ。
テラス席に座ればビーチが一望できます。

ハイビスカスが風に揺れる姿はまるで楽園。

HOTEL&CAFE 413

ちょっと大人な時間が過ごしたいあなた!
お昼ご飯はここで決まりっ!(回し者ではございません。笑)

スペアリブのランチプレートがお肉ホロホロで美味しかったですよ。
ドリンクとプチデザートもつくので、おしゃべりしてゆっくりしたい方にも。

リブロースのプレート ランチ

ただ、不定休なので行く前にオープンしているか必ず確認しておきましょうね。

浜比嘉島 リブロースのプレートランチ
【浜比嘉島】オープンテラスのカフェでランチ|413はまひがHOTEL&CAFE浜比嘉島でランチを食べるなら、413はまひがHOTEL&CAFEがおすすめ。オープンテラスで開放的なインテリア、静かで優雅な空間です。...

ホテルも併設しているので宿泊して1日島めぐりに時間を使うのもアリだと思いますよー!

浜比嘉ビーチの基本情報

名称 浜比嘉ビーチ/はまひがビーチ
電話番号 なし
トイレ 駐車場に有り
駐車場 無料駐車場あり(約70台ほど)
利用料金 なし
遊泳期間 特になし

※ライフセーバーもいない、クラゲネットも無いので要注意

トイレやシャワー、売店など

浜比嘉ビーチのトイレとパーキング

トイレとシャワー、足洗い場は駐車場にあります。
ビーチの向かい側にあるので近いし迷うこともありません。

売店はビーチ内にはありません。
浮き輪などのレンタルもありませんので要注意です。

アクセスマップ・所在地

〒904-2315 沖縄県うるま市勝連浜

ABOUT ME
KOBO
沖縄トラベルのWEBの設計やSNSのマーケティングを担当しています。カメラマン歴10年以上、人物撮影をメインに現在も活動中。→KOBOインスタグラム
関連記事はこちら