かわいい・おいしい・たのしい沖縄旅行が見つかる

沖縄観光

石垣島からフェリーで行ける離島、竹富島に初めて行く人へ

竹富島

昔ながらの沖縄らしい風景が広がる竹富島は、沖縄本島とも石垣島とも違うスローな雰囲気。

石垣島まで行ったらぜひ足を伸ばして訪れて欲しい場所です。

かっしー家の石垣島旅行記シリーズの最後に、竹富島を楽しむコツやおすすめスポット、注意点をご紹介しますね!

竹富島への行き方

竹富島には空港がないので、本州から旅行に行く際は飛行機で石垣島へ行ってからフェリーで竹富島へ行きます。

石垣島の南側にある離島ターミナルへは新石垣空港から車で約25分です。

石垣島フェリー

石垣島と周辺の離島を繋ぐ〈ユーグレナ石垣港離島ターミナル〉からは竹富島はもちろんドラマの舞台になった小浜島、亜熱帯の西表島、日本の最南端の波照間島などへのフェリーが出ています。

沖縄県石垣市美崎町1番地
駐車場/1時間100円(ターミナル正面に第1駐車場・西側に第2駐車場があります)

竹富島へは高速船で約15分。
乗船料金はネット割引で大人が往復1280円・子どもは660円です。

ターミナルにはコインロッカー、売店、トイレ、ツアー会社のデスクがあり、フェリー運行会社は安栄観光と八重山観光の2つ

フェリーの乗船料金はどちらも変わりませんが、それぞれ様々な観光ツアーが用意されていてネット予約割引もあるので、あらかじめチェックまたは予約をしておくと良いと思います。(夏はかなり混むようなので予約必須!!)

八重山観光のサイト
安栄観光のサイト

かっしー家は下調べをしていなかったので、近くにあった安栄観光のデスクへ。

受付のお姉さんが、竹富島で水牛に乗るならツアーチケットがお得だと教えてくれたので、フェリー+水牛車のチケットを大人2800円、子ども1800円で購入。

お姉さんが水牛車の申し込みの電話もかけておいてくれました。

出発まで時間があるなら、ターミナル内の売店で飲み物やお菓子を買っておくのがおすすめ!

かっしー
かっしー
島にはコンビニはないよ!

水牛車の新田観光

フェリーに乗って青い海に見惚れているうちに、あっという間に竹富港に到着。

水牛車の新田観光の送迎バスが待っていて、名前を告げるとバスに乗せてもらえました。

バスは満員。席が空いていれば乗れるだろうけど、水牛車の予約をした人が優先っぽいので夏なんかはやっぱり予約しとくとスムーズで良いかも。

新田観光にはバスで5分程で到着!受付を済ますとすぐに水牛車に乗せてもらいました。

はなちゃん(たしか)に引かれ30分、赤瓦の屋根の家の合間をのんびりとお散歩です。

竹富島の水牛

ブーゲンビリア、バナナやガジュマルの木を眺めながら、ガイドのおじいの楽しい話と三線、沖縄民謡を聞いていたらあっという間に終わってしまいました。

おじいが竹富島の話を色々してくれたからブログに書きたいけど、ネタバレになっちゃうかもしれないので我慢しますw

沖縄県八重山郡竹富町竹富97
営業時間/8時30~PM5:00
休業日/毎週水曜日(祝日をのぞく)・種子取祭のうち3日間・悪天候時
電話番号/0980-85-2103
WEB/新田観光公式サイト

〈水牛車〉
始発9時〜最終便3時30分
料金/大人(中学生以上)1500円・子ども(小学生以下)750円・未就学児は保護者の膝の上なら無料

竹富島での交通手段はレンタサイクル?バス?

竹富島の交通手段

水牛車から降り「この後どうしよう?」と思っていると、新田観光のスタッフさんがバスの乗り場がすぐ近くにあるとマップをくれました。

ビーチに行きたいけど我が家はサメちゃんがまだ自転車にこげないからなぁ〜というのと、雨上がりで道が少しぬかるんでるからなぁ〜

ということでバスを選択しました。

大人300円・小学生150円。

港→集落→ビーチ→集落→港の順に周っていて、港出発以外は予約制

いちおう乗車時刻の15分前までには予約をしてね〜となってます。
竹富島交通の公式サイト

でも小さい子どもがいないなら絶対自転車がおすすめ!

バスじゃ行けない路地もあちこち見て周れるし、気持ち良いだろうな〜小さな島とはいえ集落の隅々まで歩いて周るのはけっこう大変です。

友利レンタサイクルなら電動自転車もありますよ
友利観光

かっしー
かっしー
次行くときには私はこれにしますww

あかやま展望台で竹富島を眺める

バスに乗ってビーチに向かう前に、せっかくなので集落を散策。のんびりとした空気に癒されます。

フラフラしていたらあかやま展望台という看板を見つけ、せっかくなので登ってみることにしました。パーラーみたいなお店のある建物の屋上を展望台として開放しているようです。

入場できる時間はだいたい10時~17時。入場料金は100円。

あまり期待せず建物の外階段を登ったら…

あかやま展望台

なんとも良い眺めじゃないですかー!

青い空と緑と赤い屋根ってなんでこんなに素敵なんだ〜!

ハーヤナゴミカフェでランチ

展望台から降り、まだお腹は空いてないけど歩き疲れたからと展望台の建物2階にあるカフェに入りました。

ハーヤナゴミカフェ

通路には砂浜が敷いてあります。

こちらは八重山そば(600円)

ハーヤナゴミカフェのランチ

しっかり味ですごくおいしかったです!

スープを飲み干しそうになったところで、塩分を気にしてやめましたw

メニュー
・季節の島野菜カレー 850円
・石垣牛ハンバーグ 1200円
・黒糖ミルクぜんざい 600円
・マンゴーアイスパフェ 700円
・さとうきびアイスパフェ 650円
・サーターアンダギー(紅芋・黒糖) 4個150円

サーターアンダギーもパサパサしてなくてほんのり甘い香りでおいしかったのでおすすめです!

沖縄県八重山郡竹富町竹富379
営業時間/10時~17時・19時~22時
休業日/不定休
電話番号/0980-85-2253
支払方法/クレジットカード不可
予約/可

カイジ浜で星の砂探し

お腹がいっぱいになったところでバスでビーチへ。

カイジ浜でバスを降りてコンドイビーチまで歩くことにしました。

ペコちゃんが楽しみにしていた星の砂探し。

かっしーも家族総出で探してみた結果、いちおう見つけることはできましたが小瓶いっぱいにする量を集めるのは大変かも。

と思っていたら、ちゃんとビーチの入り口付近でお土産用の星の砂が売ってましたww

カイジ浜は遊泳禁止なのでシャワー等の設備はありません。

ビーチはサンゴがゴロゴロしているので裸足はNGです。

カイジ浜

なんとビーチにブランコがありました。素敵すぎる!

コンドイビーチでサンドバーに上陸

カイジ浜からコンドイビーチ寄りまでたどり着いた頃、ちょうど干潮で遠くに浜が出現しているのが見えました!

急ぎ足で浜を目指し海に入って行くと、遠浅なので膝くらいまでの深さの海を進めば浜に到着しました。

コンドイビーチ

曇ってきてしまったけれど、それでも海に囲まれて最高の眺め!

ハワイに行かずともサンドバーに上陸できました。

だんだん潮が満ちて浜が小さくなってきたので撤収〜

コンドイビーチにはシャワー・トイレがあります。

竹富島のコンドイビーチ

雑誌の表紙で見かけた植物!ハートっぽい形です。

竹富島のねこ

竹富島のコンドイビーチには猫がたくさんいて、猫島と呼ぶ人もいるそうです。

人馴れしているので逃げません。寝続けています。

竹富島を楽しむための注意点

白い&長いボトムスは履かない

私たちが竹富島行ったのは1月で涼しかったので、上下長袖の服でした。

が、日が出ると日中は暑く、サメちゃんは散歩中に服を脱ぎ出し肌着のTシャツに。

そして竹富島の道路はアスファルト舗装されていません。なので夜中降った雨でできた水たまりの泥水がズボンにはねないように、慎重に歩くことになりました。

竹富島へはボトムスも靴も汚れて大丈夫!というものか、短パンビーサンで行った方が良いんじゃないかと思います。

帰宅時間

日帰りの場合、竹富港から石垣港への最終フェリーは17時50分発が最終なので要注意です。(2019年10月現在)
ギリギリに電話してもバスやタクシーがすぐ来るとは限りません!

フェリーの波しぶき

竹富島のフェリー

竹富港から石垣港への帰り、最後に海を眺めようと思いフェリーのデッキ?室内じゃない席に座りました。

風が強く波が大きくなってきた海を高速で進むフェリーは、水しぶきがすっごい!

KOBO、体を張って大切なカメラを死守しますww

曇ってて青い海は見れなかったし、夕方で風が寒いし、室内に座れば良かった・・・と思ってしまう気持ちをかき消し耐えること10分。
カメラは無事でしたww

かっしー
かっしー
みなさん、秋冬の夕方や風の強い日にはフェリーの室内に座りましょう!

癒しの竹富島

穏やかな時間が流れる竹富島。
何も考えずにぼーっとしていると、日々の疲れや悩みなんてちっぽけに感じます。

大らかな雰囲気の中でのんびり過ごすことで、年末の仕事に忙殺された心身の疲れはすっかり癒されました。

それもこれも、竹富島の街並み・景観を守り続けている住人の方々の努力のおかげです。

お疲れ気味の人もそうでない人も、竹富島の自然・景観・あたたかさを体感しにぜひ行ってみて下さい!

ABOUT ME
かっしー
かっしー
海なし埼玉県で生まれ育つ。 2019年1月、ひょんなことから行った沖縄旅行で「沖縄最高!」ってなる→ 2019年4月、家族4人で沖縄に引っ越す。 海、カフェ巡り、美味しい食べ物とビールが大好き。 沖縄で出会った場所やもの、おもしろいことなどを紹介していきたいと思います!(食べ物多めになる予感)
関連記事はこちら