沖縄観光

残波岬灯台はまるで火サス!?高所恐怖症の僕が登ってみた結果

残波岬灯台

沖縄トラベルのライターでありかっしーの旦那、KOBOでございます。

沖縄に来て3年目、何度か足を運んでいる残波岬灯台。
今まで登るのを躊躇っていた残波岬灯台に、意を決して登ってみることにしたのです…

KOBO
KOBO
今まで何度か足を運んでいるのに、なぜ登らなかったのかと言うと「高所恐怖症」だから。笑

写真付きで紹介していきますが、その前にどんな灯台なのか少しだけ解説させてください。

沖縄本島で唯一の登れる灯台

読谷村にある残波岬灯台

沖縄本島のほぼ中央の場所に位置する残波岬灯台は、沖縄本島で唯一の登れる灯台。

東シナ海に面していて、高さ約30mもある断崖絶壁が約2kmほど続いています。

僕も最近まで知らなかったのですが、全国には16しか登れる灯台は無いんだそう。

東平安名崎
東平安名崎|昼間は絶景、夜は両手いっぱいの星空を楽しめる宮古島の絶景スポット東平安名崎。昼間はもちろん、夜には空から降り注ぐほどの星空を楽しめます。見どころと星空が綺麗に見える日の条件などを解説しています。...

そのうち沖縄には2つの灯台があります。(もう一つは宮古島にある平安名埼灯台)

灯台以外にも見どころたくさん

残波岬灯台のウォーキングコース

「灯台に登る為だけにそこまで行くのもな〜」なんて思う方もいるかもしれませんが大丈夫です。

周りには見どころがたくさんありますよ。

道路は綺麗に舗装されているのでウォーキング(足腰が弱い方や車いす、ベビーカーでも大丈夫)にもピッタリですし、残波公園と隣接していて公園でも遊べます。

日本一大きなシーサーも!

日本一大きなシーサー

そしてカフェとBBQができる施設もあります。
(残波岬いこいの広場)

残波岬いこいの広場

ヤギさんやウサギさんに餌をあげることもできますよ。
ファミリーに人気です。

残波岬 ヤギ

近くには美しい残波ビーチも

美しい残波ビーチ

少し歩けばマリンアクティビティが充実している残波ビーチも。
海の生き物探しに磯をウロウロするだけでも楽しい。

近くにはロイヤルホテルもあり、観光名所の1つとして人気のポイントになっています。

残波ビーチ
残波ビーチの砂浜にはサンゴが沢山落ちている?あの魚にも遭遇残波ビーチは砂質の良い浜と透明度の高い青い海が自慢の天然ビーチ。マリンアクティビティが豊富でシャワーなどの設備も整っているので、思い切り海で遊んじゃおう!...

商売の神様、泰期像

灯台のすぐ近くには商売の神様と言われシンボルになっている泰期像があります。

泰期像

泰期とはどんな人物かと言いますと、琉球王朝時代初の進貢使として中国に渡って大貿易時代を先導したと言われている人物です。

KOBO
KOBO
昔は今と違って貿易で海外に渡るのは命がけ。
当時の船旅は、命の保障の無い危険な旅だったんですね。

特にその当時、中国を目指す唐旅(とーたび)は「あの世への旅立ち」を意味する程に厳しいものであったと言われています。

泰期はその唐旅を5往復もしたということもあり、英雄と言われています。

沖縄の歴史的にも重要な場所

今でこそ観光名所になっていますが、悲しい歴史のある場所でもあります。

1945年4月1日に、米軍がこの岬を目印に激しい砲撃を加え上陸を開始しました。
悲惨な沖縄戦が始まってしまった地でもあるんです。

終戦後は実弾演習場として使われ、立ち入り禁止区域になっていたようです。

ですがた1973年に地元の海運関係者の強い要望によりこの灯台の建設が始まりました。

現場の米軍関係者らへの連絡不行き届きや突然の演習によって、工事が度々止まってしまったりと難航を極めますが
1974年3月30日に完成しました。

KOBO
KOBO
今でこそ灯台周辺は美しく整備され観光スポットになっていますがこんな過去があったのですね。

残波岬灯台に登ってみた

駐車場に車を止めて灯台まで歩くのですが、駐車場から灯台までは数分で到着します。
道も舗装されているので歩きやすいですよ。

残波岬の駐車場

トイレが目印!この脇から入ると、大きな白亜の灯台、残波岬灯台が姿を表します。

東シナ海に面して立つ白亜の灯台

ジャジャーン!
さっそく入ってみましょう!

残波岬灯台の受付(入り口)

灯台の真下にある入り口で料金をお支払いします。(300円)

残波岬灯台の参観費用ポスター

入り口には灯台資料展示室がありますので、時間のある方は覗いてみましょう。
こちらは日本財団の助成と読谷村の協力によって2009年に作られたんだそうですよ。

灯台の展示コーナー

灯台のルーツ、役割りや仕組み、どんな作りになっているのか知ることができます。
お子さん連れの方は夏休みの自由研究に持ってこいかも?

灯台資料展示室

少し中をのぞいた後、いざ出陣!
上はどうなっているんでしょうか?

この部分に登るわけですが、ドキドキします…(高所恐怖症なので。笑)

灯台の頂上部

中は大人がやっとすれ違えるくらい。
少し狭いですが綺麗です。

残波岬灯台の中

数年前に大掛かりな改修工事が行われ、2018年の年末に公開が再開されたんだそう。

ちなみに階段は何段あるのかきになりますよね?

答えは…99段!

99だん

ちょいとシンドイですが頑張って登りましょう!
絶景が待っているはず!

少し急な階段(灯台の中)

少し急な部分もありましたが何とか上まで行けました!

灯台からの眺めは?

残波岬灯台からの眺め2

この日はカラッとした晴れの日ではありませんでしたが、それでも眺めは良いですね!

晴れた日にはここから慶良間列島まで眺望できるんだそう。

残波岬灯台からの眺め1

左に見えるのはホテルロイヤル。右に見えるブルーの海は残波ビーチです。

残波ビーチとホテルロイヤルを臨む

こんな景色、火サスでしか見たことないっ!

迫力満点のジオパーク

崖の迫力が凄まじいです…
ちなみにこの崖、ただの岩ではないんです!

「隆起サンゴ礁」と言って、その名前の通りで海底から海面上へ隆起したサンゴ礁なんですよ。

地殻変動によって海面上へ隆起したとのことです。自然てすごい…

せっかく来たし、下を見下ろしてみようとしましたが足がガクブルで登って1分も経たずに降りることにしました。笑

高所恐怖症のワタクシには少々ハードル高めでしたが、普段は見られない光景に感動したのでした。

帰りに寄りたい金城パーラー

金城パーラー

残波岬灯台に来たらぜひ立ち寄って欲しいのがこの金城パーラー。

こちらも名物ですね。
50年以上も続いてるってすごい!

小腹が空いたらハンバーガーやアメリカンドッグなどの軽食も食べられます。

カフェみたいな軽食が並ぶ

スイーツも人気でぜんざいやフロート類、ソフトクリームなどがありますよ。

金城パーラーのスイーツメニュー

人気は紫芋ソフトクリーム

こちらは人気の紫イモソフト。(330円)

紫芋と言えばここ読谷村の特産品ですからね!
食べておいて損はないです。

むらさきいもアイス

パーラーのおばちゃんが「今日は風が強いからカップがいいさ」と言ってくれたのでカップにしました。(コーンとカップが選べます)

心遣いが嬉しいですね〜。

残波岬灯台の基本情報

参観できる期間 ★3月~9月
土日等 9:30~17:30
平日 9:30~16:30
★10月~2月
9:30~16:30
費用 300円(公園内は無料)
電話(残波岬支所) 098-958-3041
トイレ 有り
バリアフリー 遊歩道は大丈夫。一部、未舗装区間が有り。
駐車場 無料駐車場が有り
売店・パーラーなど あり

※小学生以下の方、障害者の方と介護者1名は費用はかかりません。

アクセスマップ、所在地

〒904-0328 沖縄県中頭郡読谷村宇座
※残波岬公園と隣接しています。

那覇空港から灯台までのアクセス

★自動車で行く場合
那覇空港から国道331号、58号、県道6号経由。
移動時間は約1時間。

★バスで行く場合
那覇バスターミナルから(沖縄バス・琉球バス読谷線)~読谷バスターミナル下車。
バスでの移動時間は約1時間30分。バスを下車しタクシーで約5分で到着。

残波岬灯台の真上に飛行機が残波岬灯台の真上に飛行機が
ABOUT ME
KOBO
沖縄トラベルのWEBの設計やSNSのマーケティングを担当しています。カメラマン歴10年以上、人物撮影をメインに現在も活動中。→KOBOインスタグラム
関連記事はこちら