沖縄の海

集落の奥にある慶佐次ウッパマビーチで広い砂浜をひとりじめ

沖縄北部のビーチ

ウッパマビーチと言えば今帰仁村が有名ですが、実は東村(ひがしそん)の慶佐次(げさし)にもウッパマビーチがあるのです。

自然が多く、広々としているけれど秘境感も楽しめます。

静かに過ごしたい人・穴場ビーチを探してる人・いつもと違うビーチに行ってみたい人におすすめ!

のどかな雰囲気のビーチ

細道の先の絶景

東村の集落の奥にひっそりとあるウッパマビーチ。

駐車場から木に囲まれた細道を抜けるとこんなに美しい景色が広がっています。

沖縄北部の東海岸といえば砂浜が茶色っぽくて岩が多く海は濃い青のイメージだけど、ここは爽やかな雰囲気です。

ウッパマビーチは広い砂浜

ウッパマとは「大きい浜」という意味で、その名の通りとっても広い砂浜は1キロほど続いています。

砂は白っぽくてサラサラ。歩くと砂浜がふかふかして足が沈みます。

小さなサンゴや貝がたくさん落ちている

小さなサンゴや貝がたくさん落ちているので、裸足で歩くとちょっと痛い。

離れてみると青くてきれいな海ですが、意外と透明度は高くありません。

魚も見かけないので、シュノーケリングをするよりも浅瀬で海水浴や景色を楽しむのがおすすめ。

ビーチの右側は釣り場

ビーチの右側では釣りをする人も多いようです。

ビーチの左側は岩場を挟んで別れていて、整備されたビーチのような形。

岩で2つに分かれたビーチ

平日の午前中に訪問したら2組ほど先客がいましたが、この岩場の奥まできたら誰もいなくて貸し切り状態。

人が少ないのでプライベートビーチ気分を味わえるのも嬉しいポイントです。

夏になるとバーベキューをする人や観光客も来たりと、隠れた人気スポット。

日陰もちょこちょことあるので休憩にも困りません。

日陰もあるウッパマビーチ

テントの持ち込みも自由なので、宿泊キャンプに挑戦することも一応できます。

ウッパマビーチの設備

東村ウッパマビーチのトイレ

北部の自然のビーチは基本的には設備がないのですが、ウッパマビーチにはちゃんと駐車場とトイレがあるんです!

かっしー
かっしー
かなりありがたい〜長時間滞在が可能になります

ただしクラゲ除けネットなどはないので、自己責任での遊泳になります。

シャワーもないので、ペットボトルにお水を入れて行くのがおすすめ。

コンビニやスーパーは近くにないけれど、ウッパマビーチから車で数分のところに慶佐次共同売店があります。

お弁当やお菓子、飲み物などはこちらで調達を。

慶佐次ウッパマビーチの基本情報

沖縄北部にあるウッパマビーチ

遊泳期間/ 特になし
利用料金/特になし
駐車場/無料駐車場あり

アクセスマップ・所在地

沖縄県国頭郡東村慶佐次394

※那覇空港から高速道路を利用して約2時間

道の駅許田の天ぷら
道の駅 許田で沖縄B級グルメを食べつくす!人気のお土産ベスト5もチェック沖縄旅行での楽しみは美しい自然や琉球文化。そして沖縄のおいしいものを食べることですよね! 名護の入り口、道の駅許田やんばる物産セン...
ABOUT ME
かっしー
海なし埼玉で生まれ育ち2019年4月に沖縄移住。好きなものは海とビール。趣味はカフェ巡り・家の間取り図を見ること。
関連記事はこちら